おくぬ〜の『来た球を打つ!』

スイスと日本で活動する舞台俳優奥野晃士(あきひと)のブログ。

『おくぬ~Inスノドカフェ七間町』のチラシできました!

こんにちは!
暑い日が続いてますが、お変わりないでしょうか?
この炎暑は本当に異常ですね。
水害の被災者の皆様ならびに復興に携わる皆様には
心よりお見舞い申し上げます。
今週静岡芸術劇場ではいよいよ『Romio and Juliets』の本番ですが、
来週7月23日は2008年に狐ケ崎のスノドカフェで活動を開始した
『古典戯曲を読む会』の十周年企画がスノドカフェ七間町で開催されます。

8月は8日歴史作家の小長谷建夫さん、
10日はミステリーハンター神崎慎一郎さんを招いて
『ググって!歴史ブレスト』を開催します!

ぜひご参加いただけたら幸いです。
共通チラシを作っていただきました!
(寺尾さんお忙しい中、本当にありがとうございました!)

奥野晃士

スポンサーサイト

8/5(日)18:00~ 無量寿院歴史演談 『神君伊賀越えと服部半蔵』@名古屋

こんにちは!
今回名古屋のお寺で歴史演談を開催させていただくことになりました。

無量寿院は徳川宗春の菩提寺としてもしられ
徳川家とゆかりの深いお寺です。

都会の片隅にひっそりと佇む、浄土宗のお寺です。

愛知県の魅力を世界に発信する
服部半蔵忍者隊服部半蔵さんが、
服部半蔵役として登場してくださいます。

演目は

神君伊賀えと服部半蔵

です。
名古屋城をはじめ、海外でも公演を行っている服部半蔵さんは
今回動読初挑戦です!

乞うご期待!

無量寿院歴史 服部2

天正十年(1582年)6月2日
『本能寺の変』勃発!

光秀の追っ手が迫る中、
主君、徳川家康を救うべく
服部半蔵、命をかけた大脱出!

近江から道無き道をかき分け
山を越え、海を渡って、
目指すは三河国岡崎城!

日 時:2018年8月5日(日)18時(開場17時半)
会 場:無量寿院(名古屋市東区代官町27-18  電話:052-737-1084)http://aichijiin.jp/01higasi/nj24/cd.htm
木戸銭:2000 円

出 演:

theater-奥野 

奥野晃士(SPAC-静岡県舞台芸術センター)



服部半蔵写真48_n

服部半蔵(徳川家康と服部半蔵忍者隊)


徳川家康と服部半蔵忍者隊 2015年夏結成。「武将のふるさと愛知」・「武将観光」をより一層盛り上げていくため、徳川家康公を支えた服部半蔵を中心に忍者の精鋭たちによって結成した、愛知の魅力を発信する観光PR隊。名古屋城に毎日出陣。国内・海外への遠征やイベント出演を通じて、愛知のPRを行っている。


‰永吉真弓さん写真永吉真弓(パーカッション)
幼少からマリンバをはじめる。東京音楽大学付属高校に入学、東京音楽大学に入学。卒業後は地元静岡を中心に音楽活動をする。幼稚園、小学校、福祉施設で音楽教室をひらく。他にもパーティー、イベント等で演奏。途中、アフリカの太鼓にひかれ西アフリカのワークショップに参加。03年、シタール奏者ヨシダダイキチと出会いアラヤヴィジャナに参加。 フジロック アバロンステージ出演。演劇とのコラボも多数。




お問い合わせ :
街援隊アート・ムーブ
TEL :09039271440( 奥野)
gaientai.am@gmail.com
ブログやってます!
『おくぬ~の来た球を打つ!』
http://kitatamaoutsu.blog.fc2.com/



奥野晃士

8/4(土)18:00~ 高槻歴史演談 『三好氏と芥川城』@アート・デ・アートビュー

こんにちは!
いつも戯曲を読む会でお世話になってる
高槻の素敵な古民家風ギャラリーのアート・デ・アートビューにおきまして
歴史演談を行うことが決まりました!

いつも笑顔で迎えてくれるオーナーの杉田さんと
平野雅彦先生のご紹介で静岡で知り合ったライターで
ご主人の転勤で高槻に引っ越した林さんがいろいろ手配をしてくださり
アレヨアレヨという間に情報を発信してくださいました。

いやー女子はいざとなったらテキパキして素晴らしいです。
脱帽です。

高槻の歴史や民話を収集しておられた歴史家の宇津木秀甫先生の
『高槻物語』からお話しを構成し、高槻のお話しをお伝えできたらと思います。

畿内一円に一大勢力を築いた三好氏の居城となった
高槻の芥川城での物語。
信長に攻められた時の逸話から。

素敵な時間になりますように!



高槻歴史演談 「三好氏と芥川城」

36527997_1383926208374288_4574103091787333632_n.jpg


〇日時:2018年8月4日(土)18時〜

〇場所:アートデアートビュー
     〒569-0802 大阪府高槻市北園町13-30
     Tel. 072-685-0466
     http://www.artdeart.jp
     e-mail. view@artdeart.jp

〇木戸銭:2500円(ドリンク付)

〇奥野晃士(おくのあきと・SPAC所属俳優)
大阪で小劇団を主宰したあと、2000 年より SPAC-静岡県舞台芸術センターに所属。主な出演作品に、鈴木忠志演出『イワーノフ』(イワーノフ役)、宮城聰演出『夜叉ヶ池』(山沢学円役)など。14 年よりスイスに移住し、舞台演出、出演の他、公立大学の演劇講師としても高く評価される。15 年より「街援隊(がいえんたい)アート・ムーブ」の活動を始動。街と演劇の結びつきについて新たな境地を目指している。

奥野晃士

7/28(土)17:30~ 門真国際映画祭 『ハリウッドが愛した侍の身体~存在感のある身体~』

門真国際映画祭2018関連ワークショップ
『ハリウッドが愛した侍の身体』~存在感のある身体~
侍
三船敏郎、市川雷蔵、勝新太郎………
今でこそハリウッドで日本人俳優が活躍しているが、
根強い人気を誇るのがかつて全盛を誇った日本の侍ムービーである。
戦後の日本映画のスター達は、
単なるアクションにとどまらない、
真剣で斬り合う迫真の気迫がスクリーンから伝わってくるものも多く、
今見ても圧倒させられる。
それらは、
日本人の高い精神性を示すものであり、
そのルーツは、日本人の祖先によって発見され、伝えられた、
武士道精神に起因するものも多い。
今回のワークショップは、
世界的演出家である鈴木忠志が開発し、
アメリカを中心に世界中で広く学ばれている
『スズキトレーニングメソッド』を基本にした
演劇訓練です。
演劇経験は問いません。
対象は小学校高学年以上。
日 時:2018年7月28日(土)17時30分~20時30分
参加費:3000円(映画祭通し券付き)
講 師:奥野晃士
イワーノフ1
服 装:動きやすい服装。足袋が望ましい。
持ち物:タオル、飲み物。
会 場:門真市立公民館(〒571-0048 大阪府門真市新橋町334-24)
ワークショップの予約用メールアドレス
⇩⇩⇩
reservation@kadoma-film.com
(こちらにお名前とワークショップ名と人数をお知らせいただくことで予約完了となります。)
門真国際映画祭2018についてはこちら
門真国際映画祭2018開催期間
2018年
7月27日(金)18:00~
7月28日(土)10:00~
7月29日(日)10:00~
奥野晃士

7/25(水)13:30~ リビングカルチャー1日講座 『俳優 奥野晃士と読む「羅生門」』

こんにちは

フリーペーパーとして馴染みの深い
リビング新聞でもおなじみ
これまで何度もリーディング・カフェなどの講座を開催していただいた
リビングカルチャーセンターにおきまして
今月、またまた講座を開催させていただきます。


リビングカルチャー1日講座

『俳優 奥野晃士と読む「羅生門」』

7/25(水)13:30~

受講料:2160円(コピー代込み)


芥川龍之介の名作を使って
いろいろやってみたいと思います。

お時間あるかたはぜひ!

リビング 羅生門を読む のコピー

申し込みは TEL 054-205-4111へ 
午前10時~午後5時 ※土・日曜、祝日定休
メールでの申し込み・問い合わせも可能

map.jpg


くわしくはこちら



奥野晃士


このカテゴリーに該当する記事はありません。