おくぬ〜の『来た球を打つ!』

スイスと日本で活動する舞台俳優奥野晃士(あきひと)のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Noism劇的舞踊、ルーマニア国営放送でオンエア

寒中おみまい申し上げます。
関東は寒波襲来とのこと、
スイスもぐずついた天気が続いております。
昨年のクリスマスイブの日に
Noism劇的舞踊第三弾『ラ・バヤデール~幻の国~』
ルーマニア公演でお世話になった方々から
ルーマニアの国営放送で公演の様子がオンエアされたというご連絡をいただいた。
番組はかなり反響があったようです。
昨年の3月にルーマニアの首都ブカレスト国立劇場で行われた公演は、
とても素敵な体験だった。

Noismは新潟市のレジデンスダンスカンパニーで、
日本で唯一の公立舞踊団。
ヨーロッパで活躍していた金森穣さんが芸術監督をつとめ、
井関佐和子さんを筆頭に素晴らしいダンサーさんたちが日夜研鑽を積んで
クオリティーの高い作品を上演し続けている。

演劇もそうであるように、
舞踊もまた、明治以降に日本に入ってきたヨーロッパが本場の文化であるが、
そのDANCEを独自に進化させた形でヨーロッパで公演を行うのは
Noismの皆様にとっても大きな重圧だったと思うが
ダンサーさん達は見事にはねのけて大好評を博した。

SPACからは貴島豪、たきいみきとともに参加させていただいたが、

幻の国を舞台に様々な民族や国家の思惑がうずまく筋立ては
バレエの名作『ラ・バヤデール』をもとにして平田オリザさんが構想し
書き下ろしたもの。
平田さんは先日お父さんになったばかり、おめでとうございます!
現地の受け入れスタッフの皆様が出迎えてくださり
その他、ブカレスト大学日本語学科の学生さんも大勢スタッフとして参加してくださったり
きめ細かい受け入れ態勢には感謝です。
ルーマニアの大学では日本語教育がとても盛んなようで、
現地の方々と日本語でコミュニケーションが取れたのも嬉しい体験でした。
高層ビルが少ないルーマニアの朝日はとても美しかった。

ユニークな外観は異彩を放つルーマニア国立劇場


日本大使館からも和食の差し入れをいただき、

異国で日本料理をいただいた時の喜びは格別なもの。

宿泊させていただいたホテルは劇場の目の前だったが

公演のポスターがでかでかと掲げられており、恐れ入る。

楽屋が同室だった貴島さんに
ルーマニアのアンチエイジングクリーム
ジェロビタールのことを伺ったが、

ルーマニアは自然派化粧品やら自然食品やらが町の薬局でも充実しており、
買い求めたジェルもクオリティーが高く、驚いた。
スタッフの皆様も少ない時間で徹夜作業を続けてくださったお陰で、
公演は大成功をおさめ、
レセプションでの皆様の反応から、作品は大変高い評価を得ていることが
出演者の一人として嬉しかった。


特に、ダンサーさんたちの統一感やNoism独自の動きに注目が集まっていたようだった。
幕末の大思想家佐久間象山は
「東洋道徳西洋芸術」とみなしていたという。
「器機芸術は彼(西洋)に採り、仁義忠孝は我(日本)に存す」とは、
象山の弟子の一人、安政の大獄で散った秀才橋本左内の弁。
2018年は明治維新150年、
Danceという西洋の文化芸術を独自に発展させ、
ヨーロッパで好評を博し続けてきたNoismが果たしてきた役割は
日本人が世界にもたらした芸術的成果は大変大きいと思うし、
そんなかれらとご一緒できたたことは大変光栄なことだと思う。
翌日本体は「人形の家」シビウ公演を控えていたので、
「バヤデール」組は先にルーマニアをあとにする。


そんなNoism1の公演が埼玉で上演される。
しかも代表作NINA。
初めて静岡で拝見した時はとても衝撃的でした。
おススメです。
NINAfront-1.jpg
日時
2018年
2.17(土)17:00
2.18(日)15:00
会場 彩の国さいたま芸術劇場〈大ホール〉
入場料
一般 5,500円、U25 3,500円(全席指定)
※U25=25歳以下対象・入場時要身分証。枚数制限あり。
チケット
11.4(土)一般発売
10.28(土)SAFメンバーズ先行発売
※りゅーとぴあでの取扱い分の発売はNPAC先行・一般共に11/4(土)
★『NINA』限定企画スペシャルプレゼントキャンペーン開催!
本公演のチケットをりゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)にて
2枚以上ご購入の方先着200名様限定で、出演メンバーの直筆メッセージ入りポストカードをプレゼント!
詳細はこちら
取扱い
▸彩の国さいたま芸術劇場チケットセンター(窓口・電話・オンライン)
電話 0570-064-939(10:00-19:00、休館日除く)
PC http://www.saf.or.jp/
Mobile http://www.saf.or.jp/mobile/
▸埼玉会館(窓口のみ。3/1-3/31 は平日10:00-17:00、4 月以降は休館日を除く10:00-19:00)
▸りゅーとぴあ(窓口・電話・オンライン)
チケット専用ダイヤル 025-224-5521(11:00-19:00, 休館日除く)
オンライン・チケット http://www.ticket.ne.jp/ryutopiaticket/
▸イープラス http://eplus.jp/(PC・MB 共通)
*未就学児の入場はご遠慮いただいております。
*開演時間を過ぎますと、しばらくの間ご入場いただけない場合や、ご自席に着席いただけない場合がございます。予めご承知ください。
*本公演での託児サービスはございません。
【会場へのアクセス】
〒338-8506 埼玉県さいたま市中央区上峰3-15-1
TEL:048-858-5500※代表(9:00-19:00/休館日除く)
今月末は新潟でNoism2の公演もあります!
omote.jpg
ルーマニアといえばコマネチとか、
演劇界では不条理劇の巨匠イオネスコだが、
ルーマニア出身のダンサーに
アリーナ・コジョカル (Alina Cojocaru,)という方がいるそうだ。
ブカレストの市場店主の娘で、器械体操出身、
英国留学ののち、キエフバレエのプリンシパルを経て、
英国ロイヤルバレエの最下級の契約から代役で好評を博し、
1年半足らずでプリンシパルに昇格したそうだ。
米国のバレエ用品メーカーと広告使用契約を結ぶが本人は報酬を受け取らず、
代わりに会社側がルーマニアの国立劇場バレエ団のダンサーたちにトウシューズと衣装を
無償で提供する取り決めになっていたそうで、
故国のダンサーたちの状況をみかねてのことだったとか。
Alina_Cojocaru_Mayerling.jpg
奥野晃士

スポンサーサイト

情報解禁!七間町ハプニング出演者の大前さんと鳥越さん、紅白出演!

今年も年の瀬、
今年は家族で実家の淡路島で過ごすため、昨夜家族でバスに乗ってると
磐田の佐藤典子先生から
佐藤「明日の紅白に大前光市さんが出演するから」
と驚きの電話。
メモをとってほしいと言われた内容は、
大前さんの出演時間として17:15紅白直前スペシャルでも取り上げられ、
21:50からの平井堅さんの
「ノンフィクション」を歌うステージに、
ソロダンサーとして参加するそうです。

「第68回 NHK 紅白歌合戦」
放送日時 :12月31日(日) 19:15~23:45
番組サイト:http://www.nhk.or.jp/kouhaku/
実は来年3月に大前さんとは七間町ハプニングでご一緒するのですが、
その情報も解禁したばかり。


大前さんは大阪でのリーカフェ形式のイベントに参加してくださったり
ワークショップにもわざわざ参加してくださったりと
表現に対してとても真摯で日頃からの研究に余念がない。


SPACおためし会

12/26は『アクトの丘でショパンを舞う』では
車椅子でのパフォーマンスは
彼にしかできない世界が感動を呼び、ダンスも進化していた。



そんな大前さんと七間町ハプニングでは共演させていただくきっかけは
スノドカフェの柚木さんの提案だった。



もう一人、音楽で参加してくださるウッドベースの鳥越啓介さんに加わっていただき、
リオパラリンピックでのクロージングパフォーマンスのコンビが復活する。

何と、そんな鳥越さんもまた、今年の紅白にも出演している。
椎名林檎さんのパフォーマンスに参加されてるとのこと。
平井さんの次が椎名さんのパフォーマンスだそうだ!
スタジオの袖で挨拶している大前さんと鳥越さんの姿を想像すると
そんな日本の国民的番組の晴れ舞台に立つ二人が、
七間町という静岡の小さな界隈のイベントに出演するなんて、
ありえないことを実現させる柚木さんの手腕も素晴らしい。

リオパラ閉会式にくわえ今年の紅白の晴れ舞台に立つ二人に挟まれ、
同じ舞台に立たせていただくのは気後れしてしまうが、
とても腕のなる企画。
今晩はぜひ私も家族で拝見したいと思います。
焦るだろうけど………
皆様もぜひよいお年をお迎えくださいませ!
奥野晃士

不動神楽でのWS

大阪狭山市の不動神楽でのワークショップが12/17無事終了しました!

近鉄滝谷不動駅前のディープなスポットに
周辺にお住いの方々を中心に10人ちょっとの方々が集まって身体のワーク。
途中主催して下さった加藤さんと不動神楽の元締めのBajiさんが前日についた
美味しいお餅やおにぎりをいただきながら

このスペースはBaji さんを中心とした地域の方々が、
協力して自発的にできたスペースだ。

近鉄滝谷不動駅の目の前にある。

主催の加藤さんは金剛駅で藍という絶品蕎麦処の女将さん。

お近くにお越しの際は是非覗いてみてはいかがでしょうか?

Baji さんは元競輪選手のマッサージ師、
物凄く効く。

こちらもお試しあれ。

狭山市は楠木正成公ゆかりの地だけに、
何か強い磁場のようなものを感じてならない。
夏に訪れた時は加藤さんのナビで楠木公ゆかりの観心寺に久し振りに参ったが、
相変わらずのパワースポット。


ぜひこちらもおススメです!
ではまた。
奥野晃士

阿倍野 Oval theater でリーディング・カフェ

こんにちは~~

大阪滞在を続けておりますが、
昨日は南河内の滝谷神楽に行く前に
12/20のリーディングカフェ会場のOVAL THEATER に行ってきました。



オーナーの中立公平さんが駆けつけてくださいましてチラシを手渡し、しばし立ち話。

やはり静岡生活に慣れていると、人混みに揉まれる体験に疲れが倍増。
でも、ひさびさに歩いた阿倍野活気に満ち満ちていた。



あべのベルタは昔東京の演劇学校のクラスを教えに通ってた建物だが、
当時無かった近代的な建物がそびえてかすんでみえた。

Oval theater では以前タニノクロウ作品
『ダークマスター』をみたことがあるが、

今回は



劇場では武道と演劇の融合のような公演が開催されていた。



大阪の中でも主だった文化発信拠点の一つ阿倍野の拠点、
OVAL THEATERに行ったことない人は是非この機会に足を踏み入れて下さいませ。

fc2blog_20171217203502dbb.jpg

『寿歌』の舞台は核戦争後の、ある関西の地方都市。
ゲサクという男と、キョウコという少女の二人連れの芸人コンビが、瓦礫の道を旅している。
そこへ、ヤスオがどこからともなく現れる。

ヤスオは、一つのものから多数の複製を作り出すという特殊な技能で、二人を助け、道連れとなり………

滋賀県出身の岸田戯曲賞作家、プロジェクトナビの北村想さんの代表作で
昭和を代表する人気戯曲の一つ。
私も最初に公演を打った時、出演俳優から本を渡され、読んだことがある。
読むだけでも面白い不条理劇だ。

関西弁の名作戯曲をネイティブ関西人の方々と読めるのは、
演じ手としてとても刺激的な試みだと思います。

リーディング・カフェin阿倍野のFacebookのページはこちら



そして、愛知芸術文化センターで初演の『寿歌』のチラシです。



クリエイションが楽しみです。

ではまた!



奥野晃士

舞踊家向けWS無事終了!

こんにちは~~
今日もよく冷える一日でしたが、
フラメンコダンサーの武田さんの企画で、
おかげさまで劇団未来アトリエで「舞台俳優の身体アプローチを舞踊に活かす」
無事終わりました。

年末の忙しい時期に短時間でコアなテーマでしたがご参加ありがとうございました!

やはりダンスという文化は西洋から入ってきたので、
形は真似ることはできても、その魂のようなものはさすがに難しい。
海外で活躍したアーティストが異口同音にいうことは、
欧米の文化に挑戦して高い壁にぶち当たった時、
日本人の文化背景に立ち返れる力が重要だということだ。
演劇の世界もヨーロッパから明治以降に輸入された文化だといっていい。
演劇で世界的な活動というとそれすなわち、ヨーロッパでの成功を意味している。
しかし、ただ西洋の文化を表面的に模倣するだけでは欧米人に太刀打ちできない。
そんな時やはり日本人の先祖が築き上げてきた身体感覚や、精神性などの叡智に立ち返ること、
そんな作業を通して初めて立ちはだかる壁を突破するヒントがもたらされるのではないかと思う。
17日は滝谷不動にある不動神楽にて15:30からワークショップ。
この地域も楠木正成公ゆかりの
さまざまなお寺や神社が多く、古い歴史がある。
先人に思いをはせるにはとてもふさわしい。
18日−19日は『舞台俳優奥野晃士 身体ワークin淡路島』
二日に渡りワークショップ。
こちらは両日共に満席になりました。
はいちゃんありがとうございました😊

12/20はリーディングカフェin阿倍野です。
《チラシA4 2》ほぎうた
寿歌は3月愛知芸術文化センターで上演される予定です。

奥野晃士

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。