おくぬ〜の『来た球を打つ!』

スイスと日本で活動する舞台俳優奥野晃士(あきひと)のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街援隊アート・ムーブ

4月24日からスタートした「ふじのくに⇄せかい演劇祭」無事終了しました。
「ふたりの女」も大好評で、多くの方々にご来場いただき、本当に有難うございました。
IMG_7795 のコピー

支えてくださった共演者やスタッフの皆さまにも、心より感謝します。
様々な新しい出会いがあった充実のGWでありました。
IMG_7767 のコピー

「演劇で街の元気を応援したい」という気持ちを込めてスタートした、
「街援隊アート・ムーブ」なんですが、
この名前を聞いて私の坂本竜馬好きを見抜いた人は、かなり歴史好きなのではないでしょうか?
244722_615.jpg

今回は出動するにあたり、ロゴも作らせていただきました。

image-0001 のコピー 4

どこかで見たことあると思った方いますか?

実はこの筆文字、宮城總 監督にお願いして書いてもらったんですよね〜。
IMG_7801 のコピー

竜馬には到底及ばずながらではありますし、今回「ふじのくに歴史演談お寺ツアー」で取り上げるのは、“海援隊”を率いて国事に奔走し、明治維新に貢献した幕末の志士、坂本竜馬ではなく、

ryouma11.jpg

どちらかというと明治維新後に敗者である旧幕臣達が奮闘し成し遂げた“静岡茶”にまつわる秘話を中心とした、日本人なら知っておいてもらいたい静岡にまつわる歴史物語の数々を、しかも歴史を語るにはうってつけの“お寺”で開催させていただきます。
image-0001 のコピー 4ツアー5月

⭐︎くわしくはこちらまで………
ふじのくに歴史演談お寺ツアー2015

5月8日の静岡新聞に………。
初日は5月11日(月)国吉田の桃原寺さんから18時半開始になります。

11255736_831441973597778_8980077175050641586_n.jpg

歴史演談の裏面は「がいえんタイムズ」になっております。

image-0001-1 のコピー 2

富士山に続き、韮山反射炉が世界文化遺産登録勧告を受けましたが、
それを作ったのが江川坦庵公なので、まさにタイムリーな企画ですが、

「江川坦庵動読演義」  
日時:5月13日(水)19:00 
会場:スノドカフェ七間町 
〈420-0035 静岡県静岡市葵区七間町7−8  電話:054-260-6173〉
参加費:2000円
出演:奥野晃士(動読)、小長谷建夫(解説)
テキスト:伊豆の国文学賞最優秀賞受賞作「前を歩く人〜坦庵公との一日〜」作/小長谷建夫


もちろんリーディング・カフェも健在です。
5月リーディング・カフェ開催情報!

とにかく街に出て、様々なスペースで、御誂え向きの活動を行っていけたらと思います。

芸術劇場と野外劇場での公演はじめ、
スノドカフェ七間町や各お寺で配布しておりますので、ぜひお手にとってご覧くださいませ。

皆さまのお越しを、お待ちしてまーす!


ではまた!


奥野晃士

スポンサーサイト

5月リーディング・カフェ開催情報!

演劇祭も終わり、今日から県内演劇行脚に出掛けます。
まずはリーディング・カフェ情報から。



◾リーディング・カフェ開催情報!
五 月
@呉服町
5月7日(木)19時から  
テキスト:「侍たちの茶摘み唄」
会場:salon de SAANA 
〈静岡市葵区呉服町2-7-10 育英会ビル3F酒井信吾建築設計事務所内 TEL:054-263-7277〉
参加費:1500円(ドリンク付)

@紺屋町
5月12日(火)19:00〜 
テキスト:「侍たちの茶摘み唄」
会場:働く女子大学 うるおい+ 
  〈〈静岡市葵区紺屋町11-1 浮月ビル5F TEL: 054-252-8820〉
参加費:1500円(ドリンク付)

@伝馬町
5月15日(金)13:30〜
テキスト:「マハーバーラタ」講座番号/687 
会場:リビングカルチャーセンター 
  〈静岡市葵区伝馬町16-8  TEL, 054-205-4111〉
参加費:2160円(ドリンク付)
【Rカフェ】一般の方々との様子


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。