おくぬ〜の『来た球を打つ!』

スイスと日本で活動する舞台俳優奥野晃士(あきひと)のブログ。

静岡の歴史を読む

Grüezi.
日本を発つ前に読みそびれた本のうち、
どういうわけか静岡学問所という一冊をたまたまリュックの中に忍ばせておいたので、
飛行機の中とか読み進めるうちに、ハマった。

この学校の存在は「ふじのくに歴史演談お寺ツアー」で
龍馬を斬った男、今井信郎の物語でも登場したので、相当思い入れがある。
400万石あった徳川家が静岡に70万石に減らされて押し込められた時、
これからの世の中は教育だという勝海舟などの提言のもと、
駿府城内には静岡学問所を、沼津には沼津兵学校を作り、
海外留学を終えた秀才日本人や、外国人教師も雇って先進的な教育を施した。
残念ながら、時の新政府の方針で、先生も優秀な学生も
東大の前身である開成学校に吸収されて終わったが、
あのまま続いていたら静岡は学問の都となっていたはずである。
今井信郎の段を含め、
「ふじのくに歴史演談お寺ツアー」のほとんどの作品の原作となった
「侍たちの茶摘み唄」は、
2011年のリーディングカフェ100回記念の回で、
静大の女子大生2人によって発掘された江崎惇先生の代表作である。

写真:女子大生の一人宇田さんと、幕臣子孫の会会長の大草さん。
明治時代に静岡に移住した15代将軍慶喜の護衛として静岡に結集した
選りすぐりの精鋭隊が担った役目は、
荒地を茶畑に開墾し、茶農家として新しい時代を生きることであった。

精鋭隊の隊長中条景昭、副隊長の大草高重、彼らの他にも多くの有名人、
超一流の剣豪、文化人等々一廉の人物が入植し、彼の地に一生を捧げた。

戦う事を本分とする侍でありながら、
恭順を貫く主君に黙って付き従い、
「公」を貫き、刀を鍬に持ち替えて、
開墾事業に従事した彼らの苦労たるや、筆舌に尽くし難かったと思う。
そのおかげで日本は内戦による外国の干渉や植民地化を防ぎ、
国力を蓄え、日清、日露の勝利があり、
大東亜戦争によって日本は滅亡寸前にまで追い込まれたが、
白人の植民地支配からアジアを解放するきっかけになったとことは
世界史上大きいと思う。
そんな彼ら幕臣たちの精神が宿るお茶の名産地静岡の歴史を
ぜひ多くの人に知っていただきたいと思う。
今回はあくび庵という素晴らしい会場で、これらの侍について思いを馳せれたらと思う。

撮影:平尾正志
おくぬ~の『声に出して読む静岡の歴史』
2016年7月4日(月)19時から 
会場:あくび庵(住所:葵区上足洗2丁目7-44 )
※静鉄バス上足洗線の上足洗北バス停で下車して、上足洗線のバス通りを県総方面へ約100m直進します。進行方向の左手に『いちの造園』がある交差点を左折し、約100m先の右手にあくび庵(平野邸)があります。
テキスト:『侍たちの茶摘み唄』 
参加費 1500円(ドリンク、お菓子つき)
静岡の歴史の中でも、奥野のライフワークともなった牧之原の荒地を茶畑に開墾した、十五代将軍慶喜の警護のために静岡に来た幕臣の血と汗と感動の物語。30年以上前にテレビ静岡によって制作され、民会放送連盟の優秀賞を受賞した特集番組の台本をテキストに音読することによって臨場感ある世界を導きだします。知られざる静岡の歴史をぜひ堪能してください。
Tschüss!
奥野晃士

スポンサーサイト

新潟公演終了、そして横浜への旅立ちの前に…

Grüezi.
随分ご無沙汰してしまいましたが、
お陰様で元気にやっております。
ほんの数日スイスに帰ってきております。
Noism劇的舞踊ラ・バヤデールお陰様で大好評のうちに閉幕しました。
今回は貴島さん、たきいさんという
Spac中心俳優の2人も客演してたのでとても心強かった。

そして何より作品も素晴らしく、
西洋の文化であるバレエのスタンダード演目に対し、
Noismと日本のトップクリエイターたちが果敢に挑み、
本家をも凌ぐ高みに到達した作品になったような気がする。
常に攻めの姿勢を崩さないNoism芸術監督金森穣さんと
Noismの皆さんの日々の研鑽ぶりには頭がさがる。

衣装の宮前さんとチームIsseyMiyakeの皆さんの、
微に入り細を穿つプロの仕事ぶりは、素晴らしいチームワークだった。
空間の田根さんはフランスで大きい賞を頂くなど脂が乗った建築家、
本番前後は何度もパリ~新潟を往復して下さった。
今回も独創的な小道具の数々を提供して下さった木工美術の近藤さんは静岡在住 カルメン以来の嬉しい再会だった。
音楽の笠松さんは何とSpac宮城監督と大学の同級生、
伝説のミヤギサトシショーを初期の頃から見ておられるとのこと。
まさか新潟でそんな話が聞けるとは…。

新潟には馴染みのお店も出来てきた。
しかし、たきいさんの超人的社交には舌をまく。
新潟滞在数週間で行きつけの店が出来、
その一つ、きねのご主人からテレビ取材の時に常連としてよんで頂き、
新潟テレビの「水曜見ナイト」という、水曜19時からの番組で
公演の宣伝もさせていただくというウルトラCをやってのけた。

右端は井関佐和子さんのショートヘアに感銘を受け、
自らもショートヘアで活躍する、
BSNの看板キャスター伊勢みずほさん。
貴島さんとは2000年以来ずっとSpacでやってきたが、
ホテルや楽屋で一緒になり、今回は色んな話をした。
Spacでは貴島さんが先輩だが、劇的舞踊初挑戦の貴島さんには、
アドバイスというほどではないが、
少しでもこれまでの私のNoismでの経験が助けになればと思う。

7月1-3はKAATに見参。
そのあと、兵庫、名古屋、静岡と各地を巡る。
各地で大勢の観客に見ていただきたい。
Noism劇的舞踊 vol.3
『ラ・バヤデール―幻の国』神奈川公演
最新作は、演劇×舞踊で描き出す“幻の国"
演出:金森穣(Noism芸術監督)
脚本:平田オリザ
振付:Noism1
音楽:L.ミンクス《ラ・バヤデール》、笠松泰洋
空間:田根剛(DORELL.GHOTMEH.TANE / ARCHITECTS)
衣裳:宮前義之(ISSEY MIYAKE)
木工美術:近藤正樹
舞踊家:Noism1 & Noism2
俳優:奥野晃士、貴島豪、たきいみき(SPAC ‒ 静岡県舞台芸術センター)
※公演特設サイト http://labayadere.noism.jp/ 
日時
2016年
7/1(金)19:00
7/2(土)17:00
7/3(日)15:00
※全3回
 
会場
KAAT神奈川芸術劇場〈ホール〉
入場料
一律 5,500円(全席指定・税込)
◯『ラ・バヤデール―幻の国』特設サイトhttp://labayadere.noism.jp/informationhttp://labayadere.noism.jp/information
Tschüss!
奥野晃士

該当の記事は見つかりませんでした。