FC2ブログ

おくぬ〜の『来た球を打つ!』

スイスと日本で活動する舞台俳優奥野晃士(あきひと)のブログ。

Noism0がゴレンジャーだったら‥⁉️

こんにちは~~🤗
昨日は暑い中、Noism0無事終了しました。

セリフを語りながら
ダンサーさん達とのコラボは、
脳の容量がかなり満杯って感じで、スレスレ感ハンパない感じでしたが、
作品とともに俳優として私自身も成長したところも多いにありました。
舞台をNoism走りで駆け抜けるところでは、
ハムストリングスだけでなく最終日は大胸筋も攣った感じでしたが。

様々な個性の違う5人の舞台を
穣さんの友達がゴレンジャーだ‼️と言ってたそうですが、
レッド、ブルー、イエロー、ピンク、グリーンそれぞれ色が違うレンジャーにあてはめると、
奥野はさしずめキレンジャーでしょうか🍛
他の出演者が何色レンジャーに当てはまるかはそれぞれのご意見もおありでしょうが、
中国の陰陽五行思想のように、
世界を構成している物質は埼玉公演お疲れ様でした。
ご来場いただいた皆さまありがとうございました。

奥野晃士

初日終了しました‼️✨

こんばんは🌟
今日は初めてさいたま芸術劇場の舞台で本番を迎えさせていただいた。
先月までラ・バヤデールのツアーで様々な劇場をまわらせていたいてたせいか
初めての劇場の舞台に立つ時はなんだか新鮮な気持ちになれることが多い。
埼玉の劇場も、ラビリンスな感じがして
とても新鮮な作りだし、
劇場の関係者の方々もとても話のわかる方々が多いのも、
故蜷川幸雄さんのスピリットが受け継がれているからのような気がする。
舞台もやも言われぬ緊張感と、ずっしりと重い手応えを感じる舞台でした。
ダンス作品と、私が語るテキストは
イオネスコの代表作の一つである「椅子」のセリフのコラージュ。
まさかダンス作品にコラージュされる時代が来るとは
イオネスコも草葉の陰でびっくりしてるに違い無い。
これまで椅子の上演を何度か見ているが、
人生、愛と死を見つめる舞踊作品と、
不条理劇の大家の書いたこの作品が相まった時、
まさかこんなに人生を深く見つめられる作品に仕上がるなんて
驚く演劇人も多いと思う。
明日最終日、さらなる高みを目指せればと思う。
ではまた
奥野晃士

リーディング・カフェについて。

こんにちは!

8月24日19時から、
沼津Lot.n(ロットン)を皮切りに、
県内各所をリーディング・カフェで廻る予定です。

SPACを擁する静岡県は舞台芸術を日本一推進している県だといっても過言ではないかと思いますが、
日本の社会はもともとそんなに劇場文化が身近ではなかったと思います。

そんな日本で、舞台芸術を10倍楽しむ方法として2008年にはじめて開催させていただきましたが、
おかげさまで好評を博し、すでに400回以上開催させていただいております。
(そのうちの390回くらいは私がやらせていただいてますが………)

とにかく、世界に通用する舞台芸術と、お上が推し進めても
それに馴染みのない民の戸惑いは正直あると思います。
日本の演劇はすなわち歌舞伎ですが、
我々がいう舞台芸術は新劇運動から派生したものなので、
もとをただせば西洋の文化なのです。

だから、

明治維新以降、西洋の文物が日本に入ってくる中
お上がはじめて舞台芸術に切り込んだのが静岡県だといっても過言ではないと思います。

つまりお上と民の間にはとてつもなく大きなギャップがあるということです。
そんなギャップをどう埋めるか………
そんなことを考えもせず、とにかく世界に通用する演劇の創出を唯一の眼目としてがんばってきてた2008年、
宮城体制になって、人々のための劇場という命題のもと、
劇場に様々なチャンネルを作るという表現を使って宮城さんは説明されたのですが、
私自身、やるべきことがなんとなく見えたような気がしました。

つまり、ギャップを埋める機関ですね。
偏差値40くらいの人が、60以上のテストに合格するには
予備校や塾や家庭教師の力をかりたりしますが、
リーディング・カフェって、舞台芸術をより深く理解し、楽しむための
河合塾や代々木ゼミナールみたいなものかなと、ちょっと例えは的確かどうかわかりませんが思います。

最近はいろんな俳優さんがリーディング・カフェのナビゲーターをしてくれているようなので
この活動がどんどんひろがっていっていけばいいなと思います。

◆8月23日(火) 19時~
 会場: Lot.n(ロットン)
 (沼津市上土町10 TEL:055-951-3810)
 参加費1,500円(ワンドリンク付)

◆8月24日(水) 19時~
 会場: 番町市民活動センター 中会議室
 (静岡市葵区一番町50 TEL:054-273-1212)
 参加費1,500円(ワンドリンク付)

◆8月29日(月) 19時~
 会場: 喫茶去 夢想庵
 (静岡市駿河区丸子5163-1 TEL:054-260-7207)
参加費2,500円(軽食・和菓子・ワンドリンク付)

◆8月30日(火) 19時~
 会場: Milk crown cafe&bar (ミルク クラウン カフェ アンド バー)
(静岡市清水区真砂町3-15 TEL:054-366-0108)
参加費1,500円(ワンドリンク付)

==========

定員:各回20名

お申し込み:
SPACチケットセンターTEL.054-202-3399(受付時間10:00-18:00) 
または、各会場まで直接ご連絡ください。

==========



◇開催時間:各回2時間半ほど
◇途中参加OK!初心者の方も大歓迎です!

8月のリーディング・カフェ情報について詳しくはこちら

75b47ad2da892b70218f8a97b3c13369.jpg



歴史演談でもまわります。
詳しくはこちら


fc2blog_20160819182325f4e.jpg


ではまた!



奥野晃士

埼玉の子供向けのパンフレット💮

こんばんは🌜✨✨✨
いよいよ明日からNoism0愛と精霊の家の公演が始まります。

スタッフさんとも息が合った作業で、
ゲネプロもアゲアゲな感じ、順調な仕上がりを見せております。
とても素晴らしい劇場です。
特に気になったのは子供向けのこのパンフ。

内容も充実してて、演劇にとても関心を持ってもらえそうですね~。

演劇にも力を入れてます。

明日は18時からです。
Noism0『愛と精霊の家』についてはこちら

公演頑張ります‼️
それではまた🌞


奥野晃士

心酔できる英雄の共通点🌟歴史演談考

こんにちは~~。
今年も回らせていただきます、歴史演談お寺ツアーでは、
歴史を語るのにぴったりのお寺という環境で、
迫力ある動読と、軽快な歴史トークで、
歴史に関心のない人にも、歴史の魅力を存分にお伝えしたいとおもいます。
今回は
リスクを恐れず、主君のために命をかける侍💥をテーマに
二人の人物を取り上げる事にしました。
0001-11 のコピー 2
歴史演談 お寺ツアー 二〇一六◇
常に人気ナンバーワンの戦国武将といえば大河ドラマ真田丸でもおなじみ真田幸村
真田幸村の人生をみると、現代にも通じる教訓がうかがえる。
常に不利な状況に立たされながらも、
知略を駆使して戦国の世を生き抜いてきた真田昌幸を父に持つ幸村は、
父に勝るとも劣らない”やり手”である。
大坂冬の陣では、堅固な城である大阪城に頼り切って籠城戦を主張する大野ら豊臣家重臣に、
城を出て敵を迎撃するべく進言している。
しかし実戦経験のない実務方の大野らは秀吉の遺産である大阪城にすがるしかなく、
真の戦いを知っている幸村のイメージが伝わらず、
結果リスクを採択する器量がなかったのだろう。
そこで誕生したのが大阪城の南側に構築された出丸”真田丸”なのだが、
とうとう冬の陣の間、数万の敵の猛攻を持ちこたえた。
しかし、夏の陣で豊臣家は滅亡に瀕するわけだが、
幸村の生き方は価値のある選択という点で、誰もが知っておいて損はない教訓が刻まれていると思う。

「真田幸村 」菊池寛作
@沼津
8月26日(金)19時から
出演:奥野晃士(動読)青木畝堂(尺八)
会場:照江寺 住所: 〒410-0103 静岡県沼津市江浦70
電話:055-939-0149 参加費:2000円(大学生以下 1000円)
@浜松
9月3日(土)17時から
出演:奥野晃士(動読)永吉真弓(パーカッション)
会場:蔵泉院 浜松 市東区西ヶ崎622.
電話:054-434-0645
@湖西
9月4日(日)18時から
◇出 演:奥野晃士(動読)、音弥(三味線)◇参加費:2,000円
◇会 場:鷲栖院(じゅせいいん)〈湖西市新居町新居1739 TEL 053-594-3817〉
◇申込先:090-9177-2654(寺田敏幸)
◇E-mail:yamaha.ys250@hotmail.co.jp
幸村写真
真田幸村
知られざる静岡の歴史山岡鉄舟清水次郎長
今回は幕末維新回天のはでな活躍ではないですが、
鳥羽伏見の戦のあと、
不戦の構えで蟄居謹慎する主君徳川慶喜だが、
何としても慶喜の首だけははねたい官軍の将である西郷隆盛に
主君慶喜の助命を談判する使命をおび、
三島からはたった一人で東海道を文字通り命がけで闊歩する剣禅一如の哲人山岡鉄舟。
彼は後に西郷をも驚嘆させる胆力を見せるのだが、
「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末に困るもの也」
と西郷の有名な言葉は鉄舟からの影響ではないかと言われている。
ちなみに
「此の仕末に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬなり」
と締めくくられるのだが、
その後のアジアの歴史にも関わる重大な仕事を一身に背負った彼の活躍は
静岡の方々には是非知っていただきたい。
「鉄舟と次郎長」江崎惇作「侍たちの茶摘み唄」より
@研屋町
8月28日(日)18時から
◇出 演:奥野晃士(動読)ムッシュびあぼん(民族楽器)
◇会 場: 顕光院 〒420-0029 静岡市葵区研屋町45番地. .
◇申込先:TEL.054-252-1337
@下田
9月10日(土)18時から
◇出 演:奥野晃士(動読)朗読劇タオ
◇会 場: 宝福寺〒415-0021 静岡県下田市1-18-26.
◇申込先:.TEL:0558-22-0960.
@但沼
9月11日(日)18時から
◇出 演:奥野晃士(動読)ムッシュびあぼん(民族楽器)
◇会 場: 東壽院〒424-0303 静岡市清水区但沼町873
◇申込先:TEL.054-393-2229
参加費:2,000円(大学生以下 1000円)
tesshu_yamaoka_l.jpg
山岡鉄舟
jiro.jpg
清水次郎長
0001-14.jpg
関連記事
来た球を打つ!沼津歴史散歩こちら
来た球を打つ!リーディング・カフェについてこちら
ではまたー
奥野晃士

決起🔥inさいたま

こんばんは✨
今日も暑い1日でしたが、Noism0埼玉に見参‼️
‥ということで、
稽古の後は固めの会を催して頂きました✨

一番右の中嶋佑一さんは大阪在住のアーティストで、
九条で開催したという
ブラックバスの駆除をテーマにしたインスタレーションの話題に興味をひかれた。

To Here Knows Whenという企画だったようだ。
興味のある人はぜひこちらをお読みください。

愛と死をテーマにした『愛と精霊の家』に通じるテーマだが、
単なる記事を見てここまで深く命について考えることができるというのには
おどろいた。

明日から本番までかけぬけます!
ありがとうございました!

Noism0『愛と精霊の家』についてはこちら




ではまた!


奥野晃士



劇場入り🌞

こんにちは~⭐️

いよいよ本日からNoism0さいたま公演の劇場入りです~🔥



炎天下の中、初めて足を踏み入れる彩の国さいたま芸術劇場は、

とても立派な劇場でした‼️





舞台もいい感じです~😳



リハーサル室も随分立派です~💦



セリフがある芝居ですが、

不条理劇の大家イオネスコの椅子からのコラージュだけに

決して簡単じゃないかもしれませんが、

それぞれの人生に迫ってくる普遍的なテーマを持った作品なので、

もしかしたら、舞台芸術史に残る凄い名作なのかもしれません。


休憩時間も身体の練磨に余念がありません。😁

明日から舞台稽古になります。

頑張ります😉

ではまた
奥野晃士

異動日🚅

こんにちは😀
新潟は朝から晴天☀️一週間お世話になったホテルともお別れですが~~
この写真にピンときた方はどれくらいいらっしゃるでしょうか⁉️

先日も書きましたがこれはなんと鈴木忠志演出ディオニュソスで登場する椅子と同じなんです。
このホテル、万代橋のたもとの新潟グランドホテルではこの椅子がレストランの椅子として、活躍してるんですよ。

日によってはこんなズラ~~っとした感じにも😳

壮観です~😳毎朝この椅子に座って朝食をいただいてましたが、
ほぼ毎日のようにNoism0でご一緒しているゲストダンサーの
小尻健太さんと一緒になっていろいろ話をしながら食べてました。
振り付けを担当している大ヒット東宝ミュージカルの話から、
解散が発表された国民的アイドルグループメンバーの弟さんとの交流、
部活をしながらバレエを続けてたことや、
バレエをやってることを先生や友達は知らなかったこと、
ローザンヌで賞をとった時は、
「受賞おめでとう」の懸垂幕が、校舎から垂れていたことなどなど‥。
とても楽しいひと時でした。
人間的にも素晴らしいダンサーさんです。
そしてお世話になったホテルを後にして、
台風の接近で厚い雲が立ち込める大宮駅に到着。☁️

ホテルにチェックインして近くのうどん屋さんで食事をしました‼️

明日から劇場入りです~😉
初さいたま芸術劇場です。
ではまた‼️
奥野晃士

声に出して読む幸村‼️

こんにちは😀
新潟で声に出して読む会二回目の今日は
大河ドラマ真田丸でもおなじみ、
「真田幸村」という菊池寛のゴリゴリの歴史小説を10人ばかりのメンバーで
読みました‼️
リーディングカフェでまわっていた時は、
戯曲でしかできないと思ってましたが、
小説も結構盛り上がりますね~~🎉
前回は「声に出して読む安吾」では
安吾の会の皆様はじめ、
詩人の方や小劇場や映画館のオーナーさん、学者さんや、
はたまたTV局のディレクターさんなどなど

新潟の文化に関わる方々も多数ご参加くださいましたが、

今回も時代小説も難なく読み切ることができました。
私の中ではイノベーションです~😉
私もみなさん読みを聞きながら
あらためて幸村の魅力について考えさせられました。


大阪夏の陣では、三日でかたがつくと鎧もつけずに出陣した徳川家康だが、
真田の決死の突撃は家康に死を覚悟させるぐらい追い詰めたそうだが………

実は、堺市のあるお寺には、家康のお墓が現存しており、
この夏の陣で様々な言い伝えがある。

そして、それらの都市伝説を裏付けるかのごとく、
二代将軍秀忠および三代将軍家光は
堺市のお寺にお墓詣りをした記録があるというが………

ともあれ、

今回もお忙しい中企画してくださった越野さんはじめ
お盆にもかかわらず、5日前くらいの呼びかけにもかかわらず、
集まってくださった素敵な皆様に幸多からんことを‼️



ちなみに静岡では真田幸村の歴史演談お寺ツアーを企画してます。
はじめて全国区の歴史小説に挑戦します。



静岡で8月26日からはじまる。

会場である沼津の照江寺訪問記はこちら

歴史演談お寺ツアーについてはこちら



ではまた!
奥野晃士

決起‼️

新潟最後の稽古も無事終了しました✨
昨年に続き、この時期にこのメンバーでこの作品に取り組める事を幸せに思います。



奥野はイオネスコの「椅子」のセリフの一部を語ってますが、
さっすが不条理演劇の巨匠のセリフだけに、その深淵な世界観は、
普遍的な価値観へイメージを膨らませてくれてます。

舞台で『椅子』は何度か観たことはあったけど、
この作品がこのような形で生かされてる作品は珍しいと思います。

稽古後は、いつも満席のBitで、
いざ鎌倉へ❕ならぬ埼玉へ🌟❕❕❕
固めの席を設けていただきました。



ともあれ、力のある舞踊家の方々に、必死で食らいつく舞台は
俳優として大きなチャレンジである事は言うまでもありません。
8/20ー21彩の国さいたま芸術劇場でお待ちしております。

『愛と精霊の家』日程及びリハーサル写真はこちら

ではまた‼️✨

奥野晃士

該当の記事は見つかりませんでした。