おくぬ〜の『来た球を打つ!』

スイスと日本で活動する舞台俳優奥野晃士(あきひと)のブログ。

熊本~23日北九州で俳優自主企画開催決定!

こんにちは🌞

熊本県の長洲町のながす未来館での公演が無事終了しました!




人口16000人の町で連日100名以上も集まって下さり

ワークショップで出会った方々も何名様か駆けつけてくださって

アットホームな感じがとても居心地のいい劇場でした!

副館長の西田さんが差し入れてくださったいきなり団子を頬張って最終日は乗り切りました。



スタッフの皆様も皆さまとてもいい人たちばかりで、宮城さんはじめみんなノリノリの二日間でした。



今日朝ホテルをチェックアウトして駅まで徒歩15分の道を歩いていると、

「駅までかい?」

と車から声をかけてきた見知らぬ男性が。。。。

「はい」

と答えると、

「ついでだから乗って行きな!」

と、親切にも長洲駅まで送ってくださった。

自分たちがSPAC-静岡県舞台芸術センターの所属で、前日未来館で公演を開催していたことを話し、
あらためてお礼を言っていると、
なんとその方の息子さんが鹿児島の高校教師で演劇部の顧問もされてるとか。

前田さん、ありがとうございました😊
とても助かりました!



しかし今回長洲での公演の客席は地域のご高齢者も多く来られて、

不条理なアングラ劇は生涯で初の体験の方が多かったようだった。

アンケートにも「難しかった」という声も散見された。

やはり事前にリーディングカフェとかの企画で作品の内容に対する理解を深めてから

劇場に足を運んで頂けると、きっとより楽しんで頂けたと思う。

そこで、

オフ日が多い北九州公演では、

5/23(水)19時から出演俳優による自主企画の茶話会を開催することになりました!

出席するのは私奥野と、ヤスオ役の春日井一平くんですが、

もしかしたらたきいみきさんも駆けつけてくれるかもしれません。

SPAC俳優で『寿歌』出演の俳優フルメンバー(笑)で

お茶を飲みながら参加者の皆様と雑談を交えながら交流できたらと思います。

北九州で劇場通いをしている方、劇場なんか行ったことない方、

遅刻早退御免のゆるーい会になればと思っておりますので
お気軽にご参加くださいませ。


緊急開催!


北九州公演記念俳優自主企画

『寿歌』出演俳優との茶話会    
~舞台を10倍楽しく観るための3つのポイント~

日時:2018年5月23日(水)19時から

会場:cafe causa (カフェ カウサ) 

〒802-0001 北九州市小倉北区浅野2-12-14

tel&fax  093-521-6969

参加費:無料(ワンオーダー制)

申し込み:不要

お問い合わせ:09039271440(奥野)




皆様のお越しをお待ちしてます!

そして、

北九州芸術劇場での公演は以下の通りです。


『寿歌』 北九州公演

公演日時
2018年5月26日(土) 14:00~
5月27日(日) 14:00~
ロビー開場は開演の20分前、客席開場は開演の10分前
会  場
北九州芸術劇場
チケット料金
一般= 3,500円、高校生[的]チケット= 1,000円 全席自由・当前共通
(数枚限定、劇場窓口・前売のみ取扱い、要学生証提示)
※未就学児入場不可
※託児あり(有料・定員有・要予約 / 093-562-2655 / 公園日の7日前まで受付)
チケット発売日
2018年3月25日(日)~
チケット取扱
・北九州芸術劇場
 > プレイガイド(リバーウォーク北九州5階 10:00~19:00)
 > オンラインチケット(北九州芸術劇場HP / 3:00~4:00を除く)
 > TEL 093-562-8435 (10:00~17:00 土日祝を除く)
・チケットぴあ TEL0570-02-9999 [Pコード 484-039]
・ローソンチケット TEL 0570-084-008 [Lコード 85108]
主催
(公財)北九州市芸術文化振興財団
お問い合わせ
北九州芸術劇場 TEL 093-562-2655(10:00~19:00)
企  画
愛知県芸術劇場/SPAC‐静岡県舞台芸術センター
共  催
北九州市

⭐︎『寿歌』トレーラー


『寿歌』公式サイトはこちら

寿歌トリビアを集めてみました。
ご観劇なさるかたはぜひご笑覧あれ!

”『寿歌』をご覧になるまえに”はこちら

追加、大事なキーワードを忘れてました………

エルサレム………イスラエルの首都で「平和の町」を意味すると一般的には思われているが、厳密にいうと「神が現れる平和」と訳されるそうだ。
モヘンジョダロ………パキスタンにあるインダス文明最大の都市遺跡。「死の丘」の意味。

ちなみにイスラエルの公用語であるヘブライ語の中には
日本語と同音同意語が数多く存在することや、文化や風習のが似ていることから、
日ユ同祖論(日本人とユダヤ人の先祖が同じという説)が根強く囁かれている。






奥野晃士

スポンサーサイト

熊本に入りました。

こんにちは。
朝から日差しが強く、
汗だくになって新幹線に飛び乗ったのが、
日経新聞に劇評が掲載された5/15。



私は単身、一路九州は熊本の長洲に向かった。
所要時間は6時間ちょい。
なかなかの距離だった。



長洲は金魚で有名で、駅には巨大オブジェ。



熊本出身で2009年の鹿児島での地域創造のWSでお世話になった
清水さんが出迎えてくださり、



幸先のいい長洲での第一歩となった。



ながす未来館へ。
未来館のロビーには金魚が泳いでいた。



この日の夜、早速市民の方々へのワークショップが企画されていたので、



一息ついてすぐに会場に。
参加者は小学生からシニアの方々20名。
演劇経験者もいれば、バレエ教室の生徒さん、近くの信用金庫の窓口嬢まで
多種多様な参加者に2時間のワークショップ。

皆様とても熱心に参加してくださった。

スズキトレーニングを体験していただきながら
寿歌の中のセリフ

「武蔵のいわゆる二刀流は彼の合理的精神を表していると言って良い」


を様々なアプローチで言ってもらった。




ただ旅の疲れがどっと出て、
大人気の会館のお姉さんの金木さんの顔も金魚に見えてきた。



そのあと、仕込み中の劇場を参加者たちと見学。



アンケートもとてもよい反応でした。
受付にあるマスコットはながすのゆるキャラ、ふれきんちゃん。



本日劇場稽古で17日ゲネプロ。
いよいよ18日と19日に本番です。
頑張ります!

『寿歌』
公演日時
2018年5月18日(金)14:00~
5月19日(土)14:00~
開場は開演の30分前
会  場
ながす未来館 文化ホール
チケット料金
一般= 2,000円、学生= 1,500円 全席自由 (中学生以下無料)
チケット発売日
2018年3月10日(土) 9:00~
チケット取扱
・セブンイレブン
・一茶園
・荒尾文化センター
・玉名市民会館
主催・お問い合わせ
ながす未来館指定管理者共同事業体 TEL (0968)69-2005
企  画
愛知県芸術劇場/SPAC‐静岡県舞台芸術センター
助  成
一般財団法人 地域創造

⭐︎『寿歌』トレーラー


『寿歌』公式サイトはこちら

寿歌を10倍楽しむトリビアを集めてみました。
ご観劇なさるかたはぜひご笑覧あれ!

寿歌をご覧になる前に!

追加、

エルサレム………イスラエルの首都で「平和の町」を意味すると思われているが、厳密にいうと「神が現れる平和」と訳されるそうだ。
モヘンジョダロ………パキスタンにあるインダス文明最大の都市遺跡。「死の丘」の意味。





奥野晃士


シズオカ文化クラブ「忘れてはいけない日本人」

昨夜は伊豆文学賞作家の小長谷さんの講演にゲストで参加してきました!



シズオカ文化クラブは、名門静岡高校のOB が核になって、

大人の学びの場として発足し、間も無く30年になろうというところ。

今は無くなったが、学生の学びの場となってた”あっぱれ会”でもお世話になったいつもダンディーな満井さんや、


(撮影/平尾正志)

元祖歴女で静岡の九十六町の町名を調べたりしていらっしゃる石川たか子さん、
小長谷さんの同級生であおいケイキ劇団を率いてらっしゃった増井さんが中心になって続けてらっしゃる。


(撮影/平尾正志)

毎回錚々たる面々が顔を揃えているが、楽しみながら学んでいる姿はとても感銘を受ける。



中でも毎回司会をされてる増井さんは、

今は解散してしまった静岡のおだっくい(お調子者?)劇団、あおいケイキ劇団の座長でもあったが、

以前朗読とピアノの午後で私とジャズピアニストの栗田丈資さんの公演を

シズオカ文化クラブの定例会で開催した時に、

近藤勇役で登場して下さった。

劇団員たちも土方や沖田、永倉などなど………

皆様撒き餌ず劣らずのおだっくいさで、あの動物性エネルギーに満ち溢れた
演技は忘れられない。

今回も増井さん大活躍であった🤭



小長谷さんの温かみのある語り口はいつも難しそうな歴史を柔らかくしてくれ、

江川坦庵と高島秋帆の関係を中心に、

老砲術家が時の大老阿部正弘にまで影響を与えた建白書について語り、


(撮影/平尾正志)

私は後半に小長谷さんの書き下ろした小説
「微賤(びせん)の私式(わたくししき)愚見(ぐけん)申し上げ候は」  の一部、

出獄したばかりの秋帆が江川に建白書を見せるシーンを読ませて頂いた。


(撮影/平尾正志)

(撮影/内田美紀子)

小長谷さんが伊豆文学賞を受賞した江川太郎左衛門とジョン万次郎の交流を描いた『前を歩く人』を素材に
初めてご一緒したのが江川邸を会場とした歴史演談。
雨にもかかわらず100名くらい来てくださった。

静岡新聞 江川邸


昨年の北条の姉政子と弟義時との交流を描いた小長谷さん書下ろしの歴史演談では、
北条時政が建立した北条家の菩提寺である願成就院での上演で、
函南の文化人、小櫻景如先生に政子を演じていただいた。

今回は徳川慶喜の屋敷だった浮月楼と、
小長谷さんとのコラボでは、歴史のある場所ばかりで上演できて二重の喜びでした。

0003-1.jpg

後半は僭越ながら奥野の歴史演談

会場である浮月楼は徳川慶喜が慶喜が水戸から駿府に移転し、

後半生を過ごした屋敷跡であるので、

慶喜の駿府入りから

慶喜護衛の精鋭隊が牧之原の開墾に従事し、

徳川家達が牧之原に激励にやってくる場面をお届けした。


(撮影/平尾正志)

今度6/2に歴史演談をさせていただく普済寺の平尾住職も静岡高校のご出身だそうだが、



静岡高校のOBさんはとても優しい人が多いような気がする。

※普済寺歴史演談『鉄舟と次郎長』についてはこちら

静岡でナンバーワンの進学校としての伝統を持っていながら、

驕ることなく、皆さまとても朗らかで、そのくせきっちりしてる。

食事も立派で美味しかった!



さすが浮月楼だ。

講師の楽屋は蓬莱の間



徳川家達が渡る時に架橋された蓬莱橋の話も出るものだから、あまりの偶然に驚いた。





慶喜のお膝元で、
戦いをさけ謹慎をして江戸を戦火から救った慶喜の平和への思いに改めて心打たれた。





奥野晃士

普済寺歴史演談「鉄舟と次郎長」始動!

こんにちは😃
雨だと思ったら一気に暑くなりましたが、
おかわりございませんか?
寿歌もいよいよ熊本にて上演です。
昨日の朝に6/2に普済寺歴史演談でご一緒させていただく、
オーボエ奏者の漆畑さんからご連絡をいただき、急遽打ち合わせを実施。
初めて管楽器とのコラボだったのでどうなることかと思いましたが、
不安は杞憂に終わった。
スイスで本格的に音楽を学んできた漆畑さんの豊かな音色に、
読みながらウットリしてしまった。
その後、会場である県立美術館駅から徒歩1分の中吉田の普済寺さんに
チラシを届けに行ったら、ご住職がいらっしゃって談笑。
とても朗らかなご住職は、静岡高校の演劇部出身とのこと。
今回歴史演談での共演も快諾して下さり、
現役ご住職との共演は私も初めてだけに、とても楽しみだ。

明治維新150年
普済寺歴史演談
『鉄舟と次郎長』
江崎惇作『侍たちの茶摘み唄』より
2018年6月2日(土)18時開演(開場17時半)
参加費:2000円     ※日本茶インストラクター大川雅代(Tea-plan't)さんの呈茶サービスあり。
会場: 普濟寺(〒422-8001静岡市駿河区中吉田33-30 電話:054-262-1452)  ※静鉄 「県立美術館前駅」徒歩1分 駐車場30台分あり。(なるべく電車をご利用くださいませ)

奥野晃士

『寿歌』朝日新聞夕刊に劇評!

こんにちは!
演劇祭が終わってまだ数日ですが、
雨が続いて今日は晴れましたがまだ肌寒い感じです。
今日は予定がなかったので奥瀬名の温泉に行ってきたせいか
疲れもどっと出てぐだぐだしていたところ
数人の知り合いから「朝日新聞に『寿歌』の記事が載っている」とのこと。
そのうちのお一人がご丁寧に写真をとって送ってくださった。

朝日新聞夕刊5月10日 『寿歌』劇評_n

ジャーナリストの徳永京子さん、ありがとうございました。
写真は我らの平尾正志さん、いつもありがとうございます!

ドイツのオスターマイヤーさんの『民衆の敵』も、
フランスの巨匠レジさんの『夢と錯乱』も、
どちらもクオリティーが高くて独特の世界観で、
演劇といっても弓道と合気道くらいの違いがあったが、
それぞれが独自の方法で観客に迫ってくる。
オスターマイヤーさんのほうはより直接的だったなー。
レジさんは天狗の境地だった。誰もかなわない。
そんな中我々の『寿歌』を並べていただくのは大変恐縮だったが、
でも1980年代の日本の演劇界にその名を轟かせたレジェンドの作品を
宮城さんが真正面から取り組んだ今回の作品は、
中野さんや雪岡くんと共に高校の演劇部にも出向いてリーディングカフェを開催し、



藤枝市役所や、



島田市役所にご挨拶に行き、



リハーサル室での稽古から



いざ野外劇場に!



野外稽古初日は雨の中転んで後頭部を痛打し、しばらくパンチドランカーの様に、
気持ちが良かったが、



開幕式で喫茶去をテーマに寸劇に取り組んでくださった川勝知事は、本番を観ずに帰る予定でしたが、
ご多忙の中最後まで観てくださり、



本番は二日とも満員御礼で、
本当に様々な方々が駆けつけてくださり、

観劇後の感想とかうかがっていると、
観客に様々な思考を想起させるきっかけになったようで嬉しかった。



ご来場いただいた皆様、
企画してくださった制作さん、愛知の皆様
舞台を支えてくれたスタッフの皆様には改めてお礼をもうしあげます。
いよいよ他府県を巡回します。

⭐︎『寿歌』トレーラー



まずは熊本からです。
がんばります。


公演日時
2018年5月18日(金)14:00~
    5月19日(土)14:00~
開場は開演の30分前
会  場
ながす未来館 文化ホール
チケット料金
一般= 2,000円、学生= 1,500円 全席自由 (中学生以下無料)
チケット発売日
2018年3月10日(土) 9:00~
チケット取扱
・セブンイレブン
・一茶園
・荒尾文化センター
・玉名市民会館
主催・お問い合わせ
ながす未来館指定管理者共同事業体 TEL (0968)69-2005
企  画
愛知県芸術劇場/SPAC‐静岡県舞台芸術センター
助  成
一般財団法人 地域創造

『寿歌』公式サイトはこちら




古い北村想さんのインタビューがありましたので………。






奥野晃士

6月2日(土)普済寺歴史演談 『鉄舟と次郎

こんにちは
演劇祭も無事終わりました!



連日大勢のお客様が詰めかけてくださり、
本当に嬉しく思いました!

『寿歌』も天気に恵まれ、4月28日30日の両日とも満席のお客様の前で
演じることができ、ありがたい限りでした。
5月は熊本と北九州を廻ります。
何卒よろしくお願いします。



お知らせですが、
6月2日中吉田の普済寺さんにて
歴史演談を上演します。
演目は『鉄舟と次郎長』です。
2014年のスノドカフェ狐ケ崎で上演した最初の歴史演談の演目で、
先日は徳川家臣団大会でご家臣の子孫の方々を前にして
上演させていただいた作品です。

▪️徳川家臣団大会の様子⬇️



普済寺のご住職の平尾善保さんは元演劇部出身なので
今回、そのご住職と共演させていただきます。

スイスでオーボエを学び、現在も静岡を中心に活躍中の
漆畑孝亮さんとのコラボです。
楽しみです。がんばります!

0001-9.jpg
0001-45.jpg

明治維新150年
普済寺歴史演談
『鉄舟と次郎長』
江崎惇作『侍たちの茶摘み唄』より
2018年6月2日(土)18時開演(開場17時半)
参加費:2000円     ※日本茶インストラクター大川雅代(Tea-plan't)さんの呈茶サービスあり。
会場: 普濟寺(〒422-8001静岡市駿河区中吉田33-30 電話:054-262-1452)  ※静鉄 「県立美術館前駅」徒歩1分 駐車場30台分あり。
(なるべく電車をご利用くださいませ)

奥野晃士(あきひと) 2000年よりSPAC-静岡県舞台芸術センターの専属俳優。主な出演作品に、鈴木忠志演出『イワーノフ』(イワーノフ役)、宮城聰演出『夜叉ケ池』(山沢学円役)、『寿歌』(ゲサク役)など。「リーディング・カフェ」の発起人でもある。街援隊アートムーブ主宰。2014年より、スイスでも活動を展開。

平尾 善保(普濟寺住職・NPO D.ZEN JAPAN代表)
 駒澤大学仏教学部卒業後、25年間、静岡市内公立中学校教員を勤める。
退職後、住職としての仕事の傍ら、ネパール教育支援のための草の根ボランティアとして活動。
D.ZEN JAPAN   http://dzenjapan.org


漆畑 孝亮
. . . . 静岡東高校在学時よりオーボエを始め、武蔵野音楽大学を卒業。2012年、スイス国立ベルン芸術大学大学院修士課程を修了。 カメラータ・ベルン、ベルリン室内管弦楽団(旧西ベルリン)等のプロオーケストラに客演。グランシップアウトリーチ登録アーティスト。


曹洞宗 普濟寺
当山は 応縁山 普濟寺 と申します。
応縁とは、「縁に応ずる」ということ、普濟とは、「普(あまね)く 濟(すく)う」ということです。
「縁に応じて あまねく救う」と名付けられた寺であります。
永平道元禅師を御開祖とする曹洞宗の寺院ですが、
新たなご縁を結んでくださる方々の、今までの宗教や宗派は問いません。
私たちは、生と死を心の問題としてとらえ、私たち自身の心の平安を求め、
今は亡き方たちへの感謝と思いやりを表現する方たちを探しています。



主催:街援隊アート・ムーブ
お問い合わせ :TEL :09039271440 (奥野)
gaientai.am@gmail.com


ブログやってます!『おくぬ~の来た球を打つ!』http://kitatamaoutsu.blog.fc2.com/



奥野晃士

該当の記事は見つかりませんでした。