FC2ブログ

おくぬ〜の『来た球を打つ!』

スイスと日本で活動する舞台俳優奥野晃士(あきひと)のブログ。

由比で山岡鉄舟といえば

こんにちは!
『歯車』稽古も絶賛進行中です。

本日20日は初倉で今井信郎の歴史演談
そして明日21日は由比で山岡鉄舟の歴史演談を上演します。

普済寺1

おかげさまで、様々なところで歴史演談上演の依頼をいただけるようになってきました!

家臣大会写真480_n

日時は

10月21日(日)13時半から由比本陣公園の特設ステージで本番です。

ご一緒するのはオーボエ奏者の漆畑孝亮さん!

fc2blog_20180508085914fa7.jpg

無料です。

実は由比は山岡鉄舟にまつわるエピソードの地なのです。

江戸無血開城という世界史上でも異例の政権交代が行われる前、
江戸に攻め上ろうとする西郷隆盛率いる新政府軍が布陣する駿府に
単身乗り込み、主君徳川慶喜の助命や江戸城の開城、武器引き渡しなどを談判したのが
山岡鉄舟ですが、
途中薩埵峠の登り口で薩摩兵からの銃撃にあい、
危急を救ったのが、由比で茶店を営む望嶽亭の亭主松永七郎平。

今も望嶽亭は現存しており、鉄舟が置いていった拳銃など貴重な遺品も残されております。

そんな由比において、静岡市との合併10周年の記念事業に
6月に普済寺さんでご一緒させていただいた
漆畑さんと参加させていただきます。

普済寺2

お時間ある方はぜひいらしてくださいませ!



奥野晃士






スポンサーサイト



歴史演談の聖地初倉で!

こんにちは!
SPAC秋のシーズン『歯車』稽古がはじまり10日が経ちました。

いよいよ芥川の作品と実際に向きあって実験的な要素が強い稽古が続いております。

さて、静岡大学の学生二人によって2011年に実施された
『リーディング・カフェで待ち合わせ』という企画では、
「静岡大学に通う県外の学生が、静岡の大学に通ってたということを強く意識できる」作品として選んだ
『侍たちの茶摘み唄』は、徳川幕臣によって開墾された牧之原台地が、青々と生い茂った茶畑として
現代に続く奇跡の物語でしたが、私の歴史好きに火をつけ、
静岡の歴史を掘り下げるきっかけになりました。

そこには一般的に知られていない英雄がたくさん描かれておりましたが、
なかでも坂本龍馬暗殺の実行犯と言われる今井信郎は、
それまで抱いていた狂気のテロリストとは大きなギャップがあって、
私の関心を集め、何度も上演してきました。

そしていよいよ10月20日13時から初倉公民館くららにおきまして
『坂本龍馬を斬った男〜今井信郎の半生〜』を上演させていただくことになりました。

初倉歴史演談チラシ1

いよいよです。
感無量です。

初倉歴史演談チラシ2

第四代初倉村村長を務めた今井の業績を
初倉の方々にお伝えできるのは本当に嬉しく思います。

というのも、地域の人の努力で
10月9日今井信郎の石像が除幕式が開催されました!

今井信郎記事10/1静岡新聞


一人でも多くの方々にご来場いただけたら幸いです。

平成30年10月20日(土)13時から14時半まで。
入場料:1500円(当日2000円)
会場: 初倉公民館くらら
住所:〒427-0111 島田市阪本1336番地の1. TEL0547-38-0002
主催:NPO法人初倉まほろばの会
後援:島田市教育委員会



奥野



該当の記事は見つかりませんでした。