FC2ブログ

おくぬ〜の『来た球を打つ!』

スイスと日本で活動する舞台俳優奥野晃士(あきひと)のブログ。

星と世界の文豪AKUTAGAWA 〜吉田弥生について〜

こんにちは

秋のシーズン『歯車』絶賛上演中です。

46514394_2258439070897333_4157491070801805312_o.jpg



日本の何がすごいかというと、
いろいろあるが、
やはり漫画のレベルには驚かされることが多い。

とりわけ、

今回芥川龍之介の世界を読み解くのに
我々も漫画には大変お世話になった。

最近入手したものの中で
お気に入りはこの二冊、

おすすめ漫画

といっても二冊しか買ってないが………

なかでも松田奈緒子の『えへん、龍之介』は
一巻で完結であるが、
田端での生活の様子がとてもリアルに描かれていておすすめだ。

なかでも平塚雷鳥を室生犀星と萩原朔太郎、そして芥川龍之介の三人で
尋ねる場面がある。

すると年下の俳優兼画家の旦那の奥村は
他人の赤ん坊の面倒をみており、
これは女が子育てをする良妻賢母が理想とされた
大正時代の日本人の価値観からすると
驚くべきことで、
そのあとの奥村の劇団の稽古をみると、
チェーホフの『ワーニャ伯父さん』をやっている。

まさに最先端の女性の姿が平塚雷鳥と奥村との関係や
ワーニャのセリフから浮かび上がり、
いつしか、
学生時代に思いを寄せながらも
家格が合わないという理由で思いを振り切った、
吉田弥生の「新しい女」像へとつながるシーン。

とても印象的だった。

芥川龍之介を語るのにはずせない才色兼備の吉田弥生との失恋がありますが、
弥生を気になって調べてみたら明治25年(1892)年3月14日の生まれでした。

芥川龍之介は1892年3月1日で太陽は魚座(水)、月は牡羊座(火)。

弥生は芥川と同じ年で、太陽の星座も同じ魚座(水)。
月の星座はというと………天秤座(風)でした。

太陽星座のエレメントは水同士で、
月星座のエレメントは火と風………

これって、もしかしてめちゃ相性がいい星回りってことじゃなかったっけ?


弥生さんは銀行家の娘で、金田一光男なる陸軍中尉と婚約の話が出たので、
龍之介は真剣にプロポーズを考えるのですが、
弥生との交際は芥川家から反対され、結局龍之介が弥生を諦めた。

その主な理由は相手の家が士族でないとかいうことだそうで、
それ以降龍之介の吉原通いがはじまるとのこと。

私はこの時、大きな人生の不条理に出くわし、
龍之介のなかで何かが死んだんだと思う。

そして、

そんな廃墟の中から芥川龍之介という不世出の天才が
暗黒の世界にむっくりと起き上がり、
光を求めて歩み始めたのではないかという気さえする。

月星座の牡羊座は気性の激しさが特徴としてあげられている。
一方弥生さんはバランスのとれた天秤座、
さぞやお互いに魅力的に映ったことでしょう。

AKUTAGAWAチラシ88_n


そんな二人の中を引き裂いた「家」って………いったい何だったんだろう………

46505973_2034651656629631_8751109583449096192_n.jpg





奥野晃士





スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。