FC2ブログ

おくぬ〜の『来た球を打つ!』

スイスと日本で活動する舞台俳優奥野晃士(あきひと)のブログ。

12/1(日)17時30~『ググって! 歴史ブレーンストーミング』ミステリー編開催!inスノドカフェ七間町

こんにちは!
おかげさまで山田長政リーディング・カフェツアーも終わり、

肝いり企画~山田長政ゆかりの地をめぐるリーディング・カフェツアー~も
3人の方がコンプリートしてくださいました!

今日から関西を転々とし、
月末に静岡に戻ります。
そして
11月30日は14時から興津生涯学習交流館で
西園寺公望の歴史演談を開催し、

『西園寺公望と坐漁荘』についてはこちら
夜はやどりぎ座で上演される遠藤綾野さんの舞踊公演『12階の月』に
アフタートークで出演させていただきます。

『12階の月』についてはこちら
そして12月1日はいよいよ
静岡を代表するミステリーハンター神崎慎一郎さんを招いて送る
ネット検索歓迎!
ググって!歴史ブレーンストーミング
画期的なイベントか!?それとも歴史への冒涜か!?
開催です!
歴史ブレスト ミステリー
神崎さんはこの8月に
九州ツアーを敢行!
様々な秘境をめぐり、自分の足で探したとっておきのネタを
皆様に披露してくださいます。
こちらは源平合戦で有名な壇ノ浦
ミステリーハンター
そして、こちらは吉野ケ里遺跡
ミステリーハンター
九州には世界人類の根源と言われる五色人のお面が奉納されてる(赤人、青人、黄人、白人、黒人)古い神社や、
石に掘られた古代シュメール文字にも通じるペテログリフがあり、
ミステリーの話題にも事欠かない。
そんな九州に伝わるミステリーを中心に、
皆様にお届けできたらと思います。
アシスタントは歴飲み会より
いつも素敵なステンドグラス工房かわもとの
かわもとみえさん!
歴史やミステリーがいまいちという人代表です。
写真 かわもとみえn
スネット検索歓迎!
ググって!歴史ブレーンストーミング
画期的なイベントか!?それとも歴史への冒涜か!
マホ片手にキーワードを検索する参加者との集団思考を重視し、
素朴な疑問にも答えつつ、
静岡の今、日本の今、世界の今を考える新しい歴史イベント。
便乗、ネット検索大歓迎!
歴史が苦手な衆も、気軽に集まるら!
2019年12月1日(日)17時30~
テーマ:『ミステリーの宝庫 九州』
①日本最古の神社弊立神社と五色人
②古文書に隠された真実
③太古の天皇と天の浮舟
④日本人の中に発見された“神の遺伝子”
ほか
参加費:2000円(ワンドリンク付き)
会場:スノドカフェ七間町 住所:静岡県静岡市葵区七間町7−8 電話:054-260-6173
お問い合わせ :街援隊アート・ムーブ   TEL :09039271440 (奥野)
gaientai.am@gmail.com
神崎慎一郎さん0_n
ゲスト:神崎慎一郎(ミステリーハンター)
1963年10月22日生まれ。ミステリーにのめり込むきっかけは昔流行った四次元世界。本人も不思議体験を繰り返したが、エジプトのピラミットの魅力に取り憑かれ、世界各国の不思議なものに惹かれて行く。しかし日本で最も有名な偽書「竹内文書」に出会い日本の「ヒラミツト」なるものがあることまたヒヒイロカネと呼ばれる金属のことを知る。日本はミステリーの宝庫。この旅も現在進行形。
かわもとみえ
アシスタント:かわもとみえ
ステンドグラス工房かわもと代表
静岡が生んだステンドグラス作家「 小川三知を讃える会」事務局長を務め顕彰に取り組んでいます。
3人の子の母であり晩酌を欠かさない嫁でもある。
日本ステンドグラス協会常任理事
一級技能工芸士
ステンドグラス工房かわもと代表
進行:奥野晃士(舞台俳優)
ブログやってます!『おくぬ~の来た球を打つ!』http://kitatamaoutsu.blog.fc2.com/

スポンサーサイト



11/30(土)14時~坐漁荘創建100年『西園寺公望と坐漁荘』with 興津中学校 in 興津生涯学習交流館※入場無料

こんにちは!
今月は歴史演談を中心に静岡の歴史イベントが重なって
忙しくさせていただいております。
11月16日の牧之原市相良総合センターいーらでの『田沼意次候生誕300年記念大祭』に歴史演談でお招きいただき、

11月17日は『白隠演談とトークの夕べ』in禅叢寺でお寺の寺庭夫人、スタッフ、副住職に出演していただき
『子育て白隠』を動読の上演と白隠トークを開催させていただきました。
そして、
11月30日は興津で20年以上過ごした西園寺公望の歴史演談!
西園寺公望 
なんと今年も興津中学校とのコラボで開催です。
生徒さん7名プラス
校長先生はじめ8名の先生方と一緒に
上演させていただきます。

実は前回昨年6月に初演させていただきましたが、
とてもご好評をいただき,

台本を担当してくださった小泉達夫さんは
この時の台本に加筆して幻冬舎から本が出版されました。

西園寺公望とは幕末明治を生きた公家出身の政治家で
鳥羽伏見の戦いで岩倉具視に見出され、戊辰戦争に従軍して会津戦争では最前線で戦い、
明治元年には新潟府知事に就任。
翌明治2年木戸孝允らのすすめで開成学校に入りフランス語の勉強を始めた。
また大村益次郎の薦めで法制についても勉強するようになり、
東京では前原一誠と同じ宿で長く一緒に過ごして、次第に武士の社会に馴染むようになる。
大村のすすめでフランスにも留学し、パリジェンヌにもてまくった。
その後首相を二回も歴任し、
フランス大統領となっていた学友クレマンソーと再会した
パリ講和会議に全権として参加した。
1919年、
この会議で人類史上初めて、
人種差別撤廃を前文に盛り込む案が日本から出されたが
議長のアメリカ大統領ウィルソンによって握りつぶされている。
このころから白人のアジア・アフリカへの植民地支配に対し、
日本は抵抗しようとしていたのだ。
とにかく江戸時代の教育を受けた日本人の世界での活躍は
私からすると眩しすぎる。
悪の帝国の植民地主義者に対し、正義を貫こうとしていたように思う。
これまで二回、稽古をさせていただきましたが、

なかなか元気な興津っ子です!
本番が楽しみです。
ぜひお越しくださいませ。

坐漁荘創建100年
オープニングイベント歴史演談 西園寺公望と坐漁荘
『いったいこの国をどこへもっていくのや』
原案・脚本 小泉達生
入場無料
日時:11月30日(土)14時開演(13時30分開場)
会場:興津生涯学習交流館 多目的ホール
住所:静岡市清水区興津本町829  電話:0543691111

12月1日は歴史ブレスト開催します。

奥野晃士

11/25(月)18時半から『戯曲を声に出して楽しむ会』in 高槻市のギャラリーアートデアートビューにて開催します。

こんにちは。
秋も深まって参りましたね。

SPACではリーディング・カフェという活動を立ち上げ、
最近はアウトリーチ活動として、だいぶ定着してきつつありますが、
あくまで広報活動の一環なので、
上演活動を予定されてないのに、演劇をダシに人々が集まれる場所は
演劇がより身近に感じられる環境をめざす街援隊隊長の私にとってとても重要。


そんな重要な拠点の一つである高槻市のアートデアートビューさんに

11/25にまたまたお邪魔して戯曲を読む会を、開催させていただきます。

『戯曲を声に出して楽しむ会』
2019年11月25日(月)18:30~
テキスト:小町風伝   太田省吾
会場:アートデアートビュー
住所:高槻市北園町13~30
電話:072550726850446 
参加資格:特になし。

ギャラリーのサイトはこちら



古民家ギャラリーとして人気の
高槻市アートデアートビューさんのお庭は
紅葉もきれいに色づいてきているそうです。
前回は1/1元旦生まれが3人いたり、龍神伝説に引き寄せられたり、
面白いセレンディピティが満載でした。



本格的ギャラリーだけに
アートの展示も楽しみの一つですが、
現在、展示中なのが、

朝日みお 銅版画展
~旅立つもの 見送るもの~



11/20(水)~11/28(木)11/26(火)休廊
11時~18時 最終日は17時まで

作家在廊日 20日、23日、24日、28日いずれも午後1時から在廊

不思議な鳥や魚、植物、オリエンタルな画風が異次元の世界に連れて行ってくれます。



静かな色彩ですが何故か躍動的にも感じます。
こういうアートに囲まれた環境の中、芸術性の高い作品を読みます。
ご都合着きましたら是非お気軽にご参加くださいませ❗️




奥野晃士

k11/24(日)18時~SPACリーディング・カフェ『メナム河の日本人』in日本料理うおかね~山田長政ゆかりの地を巡る~ファイナルです。(戦場飯付き)

こんにちは😃
『寿歌』も終わり、街援隊活動も佳境を迎えております。
そんな中続けているSPACのリーディング・カフェ。
皮切りの10日はアーティストや音楽家、写真家など
多用な方々が参加してくださいましエルアブードというおしゃれなブティックで始まり、

浜松は久々の推参となった珈琲香爐もパワフルな方々の集まりでした。

今回私の企画で~長政ゆかりの地を巡るリーディング・カフェ~を開催させて頂いております。
まずは浅間神社は山田長政が軍艦絵馬を奉納し信仰を寄せた場所です。
周辺には長政が馬車に轢かれそうになった子供を救ったと言った話が伝わっていて
浅間通り商店街のご一行様が参加。
動読クラブを不定期開催していただいてる普済寺の平尾善保さんが、
教え子姉妹とまさかの再会などご縁が広がる。

そして15日は山田長政の菩提寺西敬寺は長崎出身のイケメン副住職の読経から始まり、
周囲は真っ暗な夜の大谷の山寺に、元祖歴女さんや、女優デビューを控えた禅叢寺寺庭さん、演劇部出身で演劇部顧問も務めた普済寺住職とその教え子姉妹、西敬寺の親戚寺の福泉寺の穴山梅雪の御子孫やら、馴染みの静岡新聞記者さんも大谷のこの辺りが故郷だということで駆けつけてくださり、子供時代を知るご近所さんとも再会を果たされるなど、こちらのご縁もドラマチックでした。

そして山田長政ゆかりの地を巡るリーディング・カフェファイナルは
11月24日の日本料理うおかねさん。

長政が育った地馬場町のお店です。
高木社長とは申年仲間。

今川語らナイトに参加させていただきましたが、
今川が口にしたであろう料理はさりげなく現代人の舌にも合うように
素材の良さを引き出しつつシンプルで繊細なな味付けが絶妙でした。
さすが160年以上続くのれんの味はは伊達じゃない。

そんな老舗日本料理店のご主人に、
山田長政ゆかりの料理をと相談したところ、
戦場飯を特別に出していただけることになりました。

侍が戦場で食してたであろう料理を戦場にいるつもりで皆様で食べたいと思います。

宜しくお願い申し上げます。

お申し込みはSPACチケットセンター
0542023399まで宜しくお願い申し上げます。

大阪では11/25に、こんな企画もやってます。

11/30は興津です。

12/1はスノドカフェ七間町でミステリー❗️

奥野晃士

白隠演談無事終了しました。

こんにちは😃
11/17  お蔭様で無事『白隠演談とトークの夕べ』終了しました。

当初めざせ100人というノリでしたが、
当日は100人を軽く突破して、御本堂は超満員。

鮮烈なる女優デビューを飾った寺庭さんの尚子さんの機転で

前日までにご近所にお願いして百台近い駐車場を借りてくださり、
お寺のスタッフさんや手伝いに来てくださった皆様のご活躍により、

スムーズに客入れができました。
演奏はパーカッションの永吉真弓さん、
調和を重んじた音楽です。

尚子さんも、お寺のスタッフの美香さんも、

特別出演の副住職木下真孝さんも、

練習の成果を遺憾なく発揮して。会場を沸かせてくださいました。
休憩中は日本茶インストラクターの大川雅代さんの
美味しいお茶が振る舞われました。

第二部は白隠トークで、
ライターの鈴木真弓さんと、住職が自らマイクを握って
白隠さんについて興味深い話を展開。

ご住職も禅の教えをわかりやすく解説してくださり、面白い話の連発。
時間が全然足りませんでした。

思わず耳を傾けて聞き入っちゃいました。
本邦初公開の寺宝の白隠自筆の書も公開してくださり、
白隠さんが描いた達磨像も最晩年に描かれただけに
力みがなくシンプルで素晴らしかった。
役者が揃ってる禅叢寺の今後の活躍にご期待ください。

11/24 18時からいよいよ長政ゆかりの地を巡るリーディング・カフェファイナルです。
戦場飯付き2500円
ご都合つきましたら是非お気軽にいらしてください。

あと11/30は14時から西園寺公望の歴史演談

12/1はスノドカフェで歴史ブレストです。
夏に神崎さん九州をへめぐられて、ミステリー平定の狼煙をあげようと立ち上がります。
奥野晃士

11月17日(日)『白隠演談とトークの夕べ』@禅叢寺 開催!

こんにちは😃
壬生ホールでの寿歌も無事終わり、
ゲサクキョウコヤスオの旅も大過なく終了しました。
公演も17回を数え、毎回素敵な出会いがあり、充実した旅程でした。
観劇してくださった皆様、支えてくださった制作やスタッフ、クルーの皆様、
心より感謝します。
11月になり私のライフワークの街援隊アートムーブの活動も
始動いたしました。
11/17(日)18時から『白隠演談とトークの夕べ』は
禅叢寺さんでの上演です。

ここのお寺は白隠さんが最初に修行したお寺としても有名で、
清水次郎長親分が幼い頃最後にクビになった寺子屋でもある。
本物の白隠さんの掛け軸なんか美術に興味のある方からすると
生唾ものでしょう。
そんなお寺の住職の奥様と副住職、
それにスタッフの望月さんとの稽古は和気藹々とした中進んでおります。

キャストは木下尚子さん、演劇経験無しとは思えない美貌とセンスです。

望月美香さん、研究熱心で表現力開花中。

そして副住職の木下真孝さん、若いが抜群の張りのある声で、着実にものにしていくタイプ。

そしてトークではライター真弓さんと白隠さんについて熱く語ります。

そしてお馴染み、演奏の永吉真弓サン。

是非いらして下さいまし。

11/16は牧之原で田沼意次です。

11/30は興津で西園寺公望です。

奥野晃士

O11/16(土)13時より歴史演談『相良藩と田沼意次』世界初演😆❗️@相良総合センターいーらにて。入場無料です。

こんにちは😃
お蔭様で明日の天竜二股壬生ホールでの『寿歌』で
SPACの本番は当分ないが、
今月はリーディング・カフェ複数回あるだけでなく、
オリジナル脚本に取り組む案件もいくつかあって、
ちょっとてんてこまい状態。
とはいえ歴史を紐解き思いを馳せるのは、
乗ってくればそれはとても楽しい作業だが、
それまでが大変って感じだ。
公演の合間にその一つ、田沼意次の歴史演談の脚本を書き終えた。

ミスター田沼意次の牧之原市の学芸員さん
長谷川さんがどうおっしゃるか分からないが、
ともあれ先日打ち合わせに会場のいーらに行ってきたが、
素晴らしい劇場だった。

田沼意次といえば、賄賂政治の帝王のように教科書でも語られるが、
しかし資料として信憑性のあるものは何一つなく、
政敵松平定信なんかが反田沼キャンペーンをやったり
松平の息のかかったものが忖度して書いたと思われるもの、
そして単なる事実誤認ということで
彼の悪政を証明するものはなく、
むしろ経済改革を推し進めた稀代の先進的な政治家と見るのが
最近の見方のようだ。
事実田沼時代は、元禄バブルがはじけた経済も持ち直し、
文化芸術学問思想が大発展を遂げた。
子供の頃から神童の誉高く美男子で性格もよくて
まめまめしく働き将軍に気に入られて下級の身分ながら大出世を遂げたなんて、
いい家柄の武士からは妬み嫉みがさぞかし寄せられたことだろう。
実際の田沼意次は面倒見の良い上からも下からも好かれ頼られるタイプだったそうだ様々な逸話が残されている。
田沼意次が相良藩の殿様になってからは相良はとても栄えたので、
今でも土地の人々は田沼意次を名君として顕彰している。

そんな牧之原において田沼意次公の歴史演談を開催させていただくのは
とても名誉なことであると同時に、責任を感じるが、
歴史好きにとってはものすごい燃えてくる。
相良にはエレキテルなどの発明でお馴染みの、
平賀源内が匿われていたという言い伝えもあり、
実際墓もあるそうだが、その辺から切り込ませていただきます。
あと田沼といえば政敵の松平定信。

彼は八代将軍徳川吉宗通称暴れん坊将軍の孫なのに
将軍になれないのも田沼が裏で手を引いたと本気で思ってたらしく、
暗殺まで企てたという。
とにかく知れば知るほど魅力的な人物の田沼意次の真実の姿を
是非多くの方々に知っていただきたいと思う。
田沼意次候生誕300年記念大祭
歴史演談 『相良藩と田沼意次』世界初演です❗️
2019年11月16日(土)13時から
相良総合センターいーらにて。
入場無料 予約不要
出演  動読 奥野晃士   演奏 永吉真弓

午前中は人形劇。
最後は大石先生の講演で締め括りです。

翌日の17日は白隠さんが最初に修行した禅叢寺で白隠演談をやります。
こちらも是非。

11月30日14時開演で
興津で西園寺公望公の歴史演談、今年もAYUドリームさんのお力添えで、
興津中学校とコラボします。

奥野晃士

11/13(水)みしまプラザホテルさんで声読カフェ『逢う魔が時』小出正吾作 開催❗️

みしまプラザホテルさんと言えば

三島で人気のホテルですが、

元々現会長はじめ、皆さん文化芸術に造詣が深く、

様々なイベントを開催していらっしゃるが、

リーディング・カフェもすでに10回以上開催してくださっている。

11/13には三島出身の作家小出正吾さんの『逢う魔が時』をテキストに

声読カフェを開催させていただく。

2019年11月13日(水曜日)

受付 18:00~  開始 18:30~

会場  みしまプラザホテル アネックス ロビー

参加費 一般 1500円 大学生以下 500円

定員 10~15名

ナビゲート 奥野晃士



このみしまプラザホテルですが歴史は古く、

もともとは菱屋旅館で創業は明治22年。

現会長の室伏勝宏氏が四代目社長に就任したのが昭和42年1967年。

みしまプラザホテルとしてオープンしたのが昭和49年1974年。

何と菱屋旅館時代に、小出正吾先生が教えを受けていたシスターが

菱屋旅館に逗留されてたので、

小出先生もよく遊びにこられていたそうだ。

そんなゆかりの地でこの夏、豪華版の声読カフェ『ジンタの音』を開催させていただいた。

小学生の正助が三島の町に来た動物園を、何とデマが元で学校をサボって

集団で見物に行く話。

当時の三島の町の様子もよく描かれていてほっこりさせられる。



何と夏休みの子供達を集めて、一時間のリハーサルののちに、

チャペルの舞台で朗読劇として上演まで漕ぎ着けるというものだった。





小出正吾顕彰会の会長はじめ会員の皆様方にも大変な尽力を頂き、

とてもイイ形で終える事ができた。

夏休みの恒例行事になればイイなと思っている。



参加して下さった子供達、保護者の皆様、本当にありがとうございました😊
皆様のご参加をお待ちしてます。
奥野晃士

リーディング・カフェ2019『メナム河の日本人』両替町~大平台~長政ゆかりの地も巡ります

台風19号の影響で一回中止の憂き目にあいましたが
おかげさまで『寿歌』無事一般公演終了しました。

大勢の皆様にご来場いただき本当にありがとうございました。
そして11月10日エルアブードさんを皮切りに

『メナム河の日本人』のリーディング・カフェを開催します。

◆11月10日(日) 18:00~20:30
elle a boode (エル・ア・ブード)《両替町》
住所:静岡市葵区両替町1-13-18
HP:https://elleaboode.eshizuoka.jp/
読む戯曲:『メナム河の日本人』
参加費:1,500円(ワンドリンク・お菓子付き)
申込先:TEL 054-252-5700
定員:20名
【会場より】両替町にある、ギャラリーも併設している個性的なセレクトショップです。エル・ア・ブードだけにしかない一点物を求めて、県外からも多数のお客様が訪れます。ミュージシャンや、タレント着用の個性が光る新作から、ヴィンテージや、デットストックなど、幅広い品揃えで、人とかぶらない独自のファッションを楽しめます。 フォトグラファー Hunyajiの写真展も開催中!
Rcafe2019_flyer_elle a boode (未確認)_pages-to-jpg-0001
◆11月12日(火) 18:30~21:00
珈琲香爐 カフェこうろ《大平台》
住所:浜松市西区大平台2-16-10
HP:http://www.coffee-koro.com/
読む戯曲:『メナム河の日本人』
参加費:1,500円(ワンドリンク付き)
申込先:TEL 053-485-7722
定員:15名
recafe1011_kouro-1024x768.jpg
【会場より】50種類の本格的な珈琲と天然酵母パン、オリーブのお店です。お料理は無添加・自家製、こだわりの食材を使った浜松のパワーフードメニューを取り揃えております。愛犬とご一緒出来るテラス席は、喫煙も可能です(店内は完全禁煙)。また個室、多目的ルームのご用意もございます。営業時間は9:30~18:00まで(年中無休)。
江戸時代のはじめ、日本を離れてアユタヤ王朝(タイ)にわたり、日本人傭兵部隊の隊長や貿易商として活躍しながら、理想の王国を築こうとした山田長政。長政は駿河の国の出身で、静岡市内にはゆかりの地が数多く存在します。
SPACでは「秋→春のシーズン2019-2020」5作品目として、2020年2~3月に山田長政を主人公にした『メナム河の日本人』を上演いたします。これにちなんだ特別企画として、山田長政ゆかりの地3カ所をめぐるリーディング・カフェツアーを開催します!
fc2blog_201908291707481b8.jpg
~山田長政が軍艦絵馬を奉納し信仰を寄せた~
静岡浅間神社 斎館(旧社務所)
11月11日(月) 19:00~21:30
住所:静岡市葵区宮ヶ崎町102-1
HP:http://www.shizuokasengen.net/
参加費:1,000 円(ワンドリンク付き)
申込先:054-245-1820
定員:20 名
nagamasa_sengen-1024x678.jpg
【会場より】静岡浅間神社は、この地方で一番の古社であり、創建は千古の昔に遡ります。静岡市街地に突き出るように伸びる賤機山(しずはたやま)の南端に位置し、境内には、神部神社・浅間神社・大歳御祖神社の三本社、四境内社の併せて七社がお祀りされております。実際には、この七社の中に、更に三十三の神社が内在しており、祀られている神様の数は五十六柱を数えます。そのため、浅間神社の七社参りをすると何でも願い事が叶うと古くより言われています。

~山田長政の菩提寺~
西敬寺
11月15日(金) 18:30~21:00
住所:静岡市駿河区大谷5105
HP:http://saikyouji.com/
参加費:1,000 円(ワンドリンク付き)
申込先:054-237-5466
定員:20 名
nagamasa_saikyoji.jpg
【会場より】浄土真宗(真宗大谷派)の寺院。 駿河区大谷(静岡大学の近く)の緑豊かな場所に本堂を構えています。境内では“しだれ桜”や“百日紅(さるすべり)”などの四季折々の植物を愉しむことができるほか、様々な野鳥や天然記念物のモリアオガエルを観察することができ、地元住民にも親しまれています。山田長政の菩提寺でもあり、親鸞聖人のお念仏の教えを現代に伝えています。
~山田長政の生家があった馬場町浅間通り商店街 創業160年以上の老舗~
日本料理 うおかね
11月24日(日) 18:00~20:30
住所:静岡市葵区馬場町33
HP:https://uokane.wixsite.com/uokane
参加費:2,500円(うおかね社長× 奥野晃士プロデュース“戦場飯”&コーヒー付き)
申込先:SPACチケットセンター(下記をご覧ください)
定員:20名
nagamasa_uokane.jpg
【会場より】当店は、駿府城公園から静岡浅間神社の観光ルートとなる、浅間通り商店街に位置しています。徳川十五代将軍 慶喜公が駿府に住む以前(嘉永弐年)に「肴屋兼吉」(さかなやかねきち)として開業し、創業以来静岡の特産物を活かし、四季折々の味をお客さまのご予算に応じてご提供しております。
★下記の3会場すべて参加した方には、奥野晃士直筆サイン入りSPAC写真集をプレゼント!
rcafe7-9_okuno
<開催日時・会場>
11月11日 静岡浅間神社 斎館(旧社務所)
11月15日 西敬寺
11月24日 日本料理 うおかね
*1会場のみの参加も可能です。
*各回異なるシーンを読みます。
長政ゆかりの地をめぐるリーディング・カフェくわしくはこちら
≪お問い合わせ・お申し込み≫
お申し込みは、各会場またはSPACチケットセンターにて承ります。
(「うおかね」は、SPACチケットセンターのみで受付。)
SPACチケットセンター
TEL:054-202-3399(受付時間10:00-18:00/休業日(10月14日、11月13日)を除く)
歴史演談も続きます。
11/16(土)13時から牧之原いーらにて田沼意次

11/17(日)18時から清水禅叢寺さんで白隠演談が開催されます。

11/30(土)14時から興津生涯学習交流館で西園寺公望の歴史演談です。

奥野晃士

該当の記事は見つかりませんでした。