FC2ブログ

おくぬ〜の『来た球を打つ!』

スイスと日本で活動する舞台俳優奥野晃士(あきひと)のブログ。

山岡鉄舟と松永七郎平🙏

こんにちは~🤗昨日無事顕光院での歴史演談終了しました。
上演前に小雨がぱらつきましたが、いつになく熱い公演になりました。
鉄舟は慶喜助命嘆願を官軍(西軍)の大将西郷隆盛に談判するため、
危険を承知で東海道を江戸から駿府に向かって進んでいたのだが、
興津で薩摩兵の銃撃を受け、たまたま助けを求めて駆け込んだのが、
今に続く望嶽亭、
その時の当主が松永七郎平だった。
そして昨日はその七郎平の末裔にあたる方が、
昨日ご来場頂いた、清水鉄舟会の副会長さんでいらっしゃった。
あの時鉄舟が凶弾に倒れていたら、
果たして江戸が戦火から守られただろうか❓
江戸が焼け野原になったら、
外国からの植民地支配から逃れただろうか❓
そうなったら、白人が支配する世の中に
他のアジアの国々と同じく植民地支配体制に組み込まれ、
日本も分断支配されてまってた可能性もあるんじゃないだろうか❓
そしたら
今のアジアはどうなっていたんだろう。
昔は美しい日本という国があった事すら、
忘れられ、宗主国から愚民教育を受け、
労働者としてすべてのアジア人は日々搾取され続けたのかもしれない。
今の日本、いや、アジアを語るのに、
山岡鉄舟と松永七郎平の運命的な出会いは外せない。

そんな思いで臨んだ今回のストーリーを
七郎平の末裔の方に聞いていただけて、大変光栄でした。
村松さん御同伴有難うございました‼️

歴史演談についてはこちら




奥野晃士

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。