FC2ブログ

おくぬ〜の『来た球を打つ!』

スイスと日本で活動する舞台俳優奥野晃士(あきひと)のブログ。

11/21 おくぬ〜の静歴講『海舟がくれたピストル』@あくび庵

おくぬ〜の静歴講(静岡歴史講)

14902837_1098380330281586_738265000644838387_o.jpg

『海舟がくれたピストル』
日時:平成28年11月21日(月)19時~

◉静岡の歴史秘話をリーディング・カフェ形式で読み、物語を味わう『声に出して読む静岡歴史物語』改め『静歴講(しずれきこう)』。今回は刀を鍬に持ち替え、黙々と牧之原台地の開墾事業に奮闘する幕臣達を陰に日向に支える勝海舟と、安倍川の流れにほど近い門屋村名主白鳥惣左衛門との心の交流を通して、「お泊まりさん」と呼ばれた無禄移住の旧幕臣達の苦難の日々と、新政府からの仕官の誘いを断り、旧幕臣のために力を尽くす勝海舟の心の葛藤を描きます。
静岡に愛着を持っていた勝は母と妹を、家康の愛妾お万の方ゆかりの沓谷の蓮永寺に葬っていますが、その辺の知られざるエピソードにもご注目くださいませ。

会場:あくび庵(住所:葵区上足洗2丁目7-44 )
14907202_1098380293614923_7373550737006652080_n.jpg

※静鉄バス上足洗線の上足洗北バス停で下車して、上足洗線のバス通りを県総方面へ約100m直進します。進行方向の左手に『いちの造園』がある交差点を左折し、約100m先の右手にあくび庵があります。
◉テキスト:『侍たちの茶摘み唄』
◉参加費:1500円(ドリンク・惣菜試食つき)
◉進行役:奥野晃士
※あくび庵
江戸時代から昭和に掛けて住み継がれた庶民の家を主題に、平成26年に弊社で建築した私邸。情緒を大切に季節感を味わえるたてものです。
あくび庵では、暮れの餅つきをはじめ伝統的な季節の催しなどが開催されております。
◉お問合せ・お申し込み先
スタジオ フォルム
小長谷敦史
携帯 08032869472
mail tempietto2063@gmail.com


⭐︎年内の静岡歴史講の予定
✳︎今井信郎の静岡歴史講はこちら
✳︎松岡萬の静岡歴史講はこちら

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。