FC2ブログ

おくぬ〜の『来た球を打つ!』

スイスと日本で活動する舞台俳優奥野晃士(あきひと)のブログ。

折り紙🐧

グリューエッツィー!
昨日に引き続いて今日も雪が降る寒い一日でした。
明日娘が日本語の幼稚園の最終日なので、
クラスメイトに何か贈りたいということから、
折り紙を折ってプレゼントしようということになり、
いつも公演やリーディング・カフェに通ってくださる
折り紙作家の山梨明子さんが最近出版された
『オリガミ・ボックス』という本をいただいたので、

その本を参考に男子には兜、

女子にはペンギンを折ることにした。
この本はすべて箱になっているというのが特徴で、
本当によく考えられてると思う。
折り紙といえば、
20世紀末に出現し、瞬く間にマンモス劇団になって、
われわれに衝撃を与え、21世紀を迎える前に解散した
惑星ピスタチオに西田シャトナーさんが折り紙作家としても
活躍しているという話を小耳に挟んだことが………。
一人一人の名前をつけて渡すのに使ったのが、
ひらがなシールとアルファベットシール、
日本から持って来たものだが、い
思わぬところで役立った。

明日娘の週一回の日本語幼稚園
まず、あいうえおの方はそれぞれの文字が二つしかないのに加え
「ん」が一つ、
とりあえず男の子の名前はひらがなで作ろうとしたが、
7、8人で頓挫、そう、文字が足らない。
しかし、こちらの名前は
やれシオンくんやらアロンくん、レオンくんやらとやたら「ん」が多いし、
「に」「と」「る」なんかも早々と品切れに。
アルファベットの女の子も早々と「n」が姿を消した。
朦朧とする意識の中、
ひらがなにしてもアルファベットにしても
喉から手が出るほど欲しい文字が並んでいる名前、
つまりnもaも二個あり、日本語で書いても「ん」が 2個ある名前 の女の子には
申し訳なかったが、
aはdを、nはmを加工させていただくことにした。
ほかにも足りなかった人の名前は
加工する手を使わせてもらった。
18人分の記念品がなんとか完成。

あとは娘にサインしてもらうだけ。

間に合ってよかった。

奥野

スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。