おくぬ〜の『来た球を打つ!』

スイスと日本で活動する舞台俳優奥野晃士(あきひと)のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞踊家向けWS無事終了!

こんにちは~~
今日もよく冷える一日でしたが、
フラメンコダンサーの武田さんの企画で、
おかげさまで劇団未来アトリエで「舞台俳優の身体アプローチを舞踊に活かす」
無事終わりました。

年末の忙しい時期に短時間でコアなテーマでしたがご参加ありがとうございました!

やはりダンスという文化は西洋から入ってきたので、
形は真似ることはできても、その魂のようなものはさすがに難しい。
海外で活躍したアーティストが異口同音にいうことは、
欧米の文化に挑戦して高い壁にぶち当たった時、
日本人の文化背景に立ち返れる力が重要だということだ。
演劇の世界もヨーロッパから明治以降に輸入された文化だといっていい。
演劇で世界的な活動というとそれすなわち、ヨーロッパでの成功を意味している。
しかし、ただ西洋の文化を表面的に模倣するだけでは欧米人に太刀打ちできない。
そんな時やはり日本人の先祖が築き上げてきた身体感覚や、精神性などの叡智に立ち返ること、
そんな作業を通して初めて立ちはだかる壁を突破するヒントがもたらされるのではないかと思う。
17日は滝谷不動にある不動神楽にて15:30からワークショップ。
この地域も楠木正成公ゆかりの
さまざまなお寺や神社が多く、古い歴史がある。
先人に思いをはせるにはとてもふさわしい。
18日−19日は『舞台俳優奥野晃士 身体ワークin淡路島』
二日に渡りワークショップ。
こちらは両日共に満席になりました。
はいちゃんありがとうございました😊

12/20はリーディングカフェin阿倍野です。
《チラシA4 2》ほぎうた
寿歌は3月愛知芸術文化センターで上演される予定です。

奥野晃士

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。